Amazonで1,000ポイント貰う方法

【Booky Stick レビュー】スティック状の折りたたみキーボード【iPhone/iPad/Android対応】

Booky Stick

けも
この記事は
JTTの折りたたみキーボード「Booky Stick」をレビュー。珍しい縦長スティック状&スタンド内臓で利便性は抜群。スマホスタンド内蔵が地味に嬉しい。iPhone/iPadはもちろん、AndroidやPCでも使えますよ!

ブログを始めてから、ノートPC(MacBookPro13)を持ち出す機会が増えましたが、荷物が多く重たい。

そこで

  • 軽量小型ノートPC
  • タブレットのディスプレイキーボードを使う
  • タブレット+キーボードカバー
と色々検討してみましたが、どれもしっくりきません。

クーバ

とにかく身軽になりたい…なんか良い方法はないかな?
それならスマホ+折りたたみキーボードの組み合わせがおすすめだよ!

けも

なるほどPC作業というのがアタマにあったので、PCやタブレットなどを前提に考えていましたが、スマホを母艦にすれば荷物も少なくて済みます。

どうせなら「スマートで高機能なのが良いなぁ」と探して見つけたのがJTTの「Booky Stick」です。

Booky Stick

Booky Stick

  • 縦長のスティック形状でカバンの隙間にすっぽり
  • 3台とペアリングできデバイスの使い分けも自在
  • 便利なスマホスタンド内蔵

ちょっとタイピングしたい時に便利なポータブルキーボードです。

文書の下書きや、メモを取りたい時に役立つよ!

けも

というわけで本記事は「【Booky Stick レビュー】スティック状の折りたたみキーボード【iPhone/iPad/Android対応】」について書いていきます。

Booky Stick の外観・重さ・付属品

まずはBooky Stickの外観・重さ・付属品をチェックします。

外観

折りたたんだ状態の大きさは

  • 長さ 約20cm
  • 幅 約4.6cm
  • 厚み 約1.6cm

とコンパクト。

Booky Stick
▲iPhoneSEよりもスリム

 

開くと幅は約9cm、最薄部は約6mmになる。

Booky Stick
▲側面に電源スイッチを備える

重さ

重さは公称165g、実測でも163g。

Booky Stick

 

カバーを付けたiPhoneSEが約140gなのでそれほど変わらない。

Booky Stick

 

ちなみにOPPO R17Proは210g。

Booky Stick

クーバ

スマホ1台くらいの重さだね!

付属品

付属品はコチラ。

Booky Stick

付属品

  • キーボード本体
  • 収納袋
  • USB充電ケーブル(micro)
  • 取扱説明書
充電ポートはmicroUSB。Type-Cだとなお嬉しかったですがしょうがない!

けも

Booky Stick のペアリング

Booky Stickのペアリング方法はとてもカンタンでした。

  1. キーボードを開く
  2. 電源ON
  3. fnキー+1 or 2 or 3を同時押し
  4. デバイス側で「Booky Stick」を選択で完了
デバイスは3台まで登録できて、切り替えできるよ!

けも

Booky Stick の使用感と持ち運び

Booky Stickの使用感をレビューします。

使用感

本体には弱めのマグネットが内蔵されており、カンタンに開けます。

Booky Stick

 

スマホスタンド部分もマグネットで固定されてるのでプラプラしません。

Booky Stick

 

スタンド部分の角度を変えると、スマホ・タブレットの傾斜角度を調整できます。

Booky Stick

 

スタンドを狭くすると水平方向に。

Booky Stick

 

スタンドを広げると垂直方向に角度を調整できます。

Booky Stick

 

タイピングに関して。
キーピッチ16mmなので慣れている19mmに比べるとちょっと窮屈に感じますが、慣れればそこそこのスピードでタイピングできました。指がメチャクチャ太いとかで無ければ大丈夫かと。

Booky Stick

ガッツリ文書作成したりブログ執筆するのには厳しいですが、下書きや構成・メモを残すには十分。スマホのフリック入力よりも遥かに速いスピードで入力できます。AndroidやiPadの場合、別途マウスがあれば編集作業も捗りそうです(iPhoneはマウス未対応)。

スタンドを別に用意しなくて良いのもかなりの高ポイント!

けも

持ち運び

持ち運ぶときは折りたたんで、付属の袋に入れます。

Booky Stick

 

厚みに余裕があるので、充電ケーブルも一緒に収納できました。

Booky Stick

 

全体を収納するとこんな感じに。

Booky Stick

キーボードが入ってるとは思えない!

けも

 

持ち運びに関して。リュックのサイドポケットにすっぽり入ります。

Booky Stick

 

トートバッグのサイドポケットにも入りました。

Booky Stick

幅を取らないので色んなところに収納できます。

カバンにサッとしまえてスタイリッシュ!

けも

Booky Stick のレビューまとめ

本記事は「【Booky Stick レビュー】スティック状の折りたたみキーボード【iPhone/iPad/Android対応】」について書きました。

出先でのタイピングに便利な折りたたみキーボード。

BookyStickは、折りたたみでは珍しいスティック型の形状で、カバンの隙間に入れやすく持ち運びもラクラク

キーピッチが16mmなので少し窮屈ですが、慣れれば問題なくタイピングできます。

iPhone/iPad/Android/Windows/Macに対応、3台まで登録でき切替もカンタン。

たまにはノートPCなしで身軽に出かけてみるのもアリかも?と思わせてくれるアイテムです。

これ一つカバンに入れておけば、フリック入力より格段に効率アップしますよ!

けも

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

もう一度内容をチェック

Amazon Music HD
CDを超える高音質で音楽が聴き放題!
最大24bit/192kHz
年間契約で更におトク
公式をチェック  もっと詳しく
Amazon 現金チャージ
Amazonギフトの現金チャージで 1,000円分のポイントがもらえる!
チャージ金額に応じて更にポイント付与
プライム会員なら最大2.5%ポイント還元
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です