Amazonで 1,000P もらえるキャンペーン

【OPPO R17 Pro レビュー】夜景とポートレートが綺麗なSIMフリーAndroidスマホ

OPPO R17 Pro レビュー

どうも、iPhoneユーザーの・けも(@namakemonolog9)です。

スマートフォンは片手にすっぽり収まるサイズが気に入りiPhoneSEを使っています。

しかしもう少し大きい画面でWebサイトなどを閲覧したいこともあり、iPad miniを購入したのですが、電車で使うにはちょっと大きくて重いことに気づきました。

けも
自分の調査不足とはいえ、悲しい…。更に小さいタブレットはないものか…?

と考えた末、「大画面スマホを小さいタブレットとして使えば良いのでは!?」と閃きました。

最初に候補に上がるのはiPhoneXS Maxですが高価なため除外し、Androidスマホから探すことに。

そして購入したのが、OPPOオッポのAndroidスマートフォン「R17 Pro」です。

OPPO R17 Pro レビュー

OPPO R17 Pro

  • オリジナリティあふれるデザイン
  • 10分で40%の急速充電に対応
  • 夜景とポートレートが綺麗に撮れる
  • 水滴ノッチ採用の大型スクリーン

持って楽しい、使って楽しいAndroidスマホです!

けも
R17 Proを買ってからデジカメを持ち出す機会が減りました!

というわけで本記事は「【OPPO R17 Pro レビュー】夜景とポートレートが綺麗なSIMフリーAndroidスマホ」について書いていきます。

OPPO R17 Proの外観と付属品

OPPOオッポは中国広東省に本部を置く電気機器メーカーで、2018年の中国でのスマートフォン販売台数はNo.1です。

OPPO
▲クリックorタップで拡大

 

徹底的な品質管理で故障率は0.02%の低水準を実現しています。

OPPO

けも
故障率を発表すること自体が珍しいので、信頼できますね!

 

OPPO R17 Proの基本スペック

  • カラー: ミストグラデーション、エメラルドグリーン
  • OS: ColorOS 5.2, based on Android 8.1
  • プロセッサー: Qualcomm Snapdragon 710
  • GPU: Adreno 616
  • バッテリー: 2×1850 mAh (約3700mAh相当量)
  • RAM: 6GB
  • ストレージ: 128GB

外観

まずはOPPO R17 Proの外観と付属品をチェックします。

大きさは縦: 157.6mm x 横: 74.6mm x 厚さ: 7.9mm、iPhoneSEと比較して二回りくらい大きい印象です。

OPPO R17 Pro レビュー
▲小さいスマホと小さいタブレットとして併用すると使い勝手が良く、二台持ちしています

 

重量は約183gと、大きいわりにあまり重く感じません。

OPPO R17 Pro レビュー
▲nanoSIMカードを入れて184g

 

カラーは「エメラルドグリーン」と「ミストグラデーション」の2色展開。グリーンも独創的ですが、より個性的なミストグラデーションを選びました。

OPPO R17 Pro レビュー

付属品

OPPO R17 Pro レビュー

OPPO R17 Proの付属品一覧。

  • OPPO R17 Pro*1
  • ACアダブター *1
  • イヤフォン *1
  • USB Type-C*1
  • SIM カードツール*1
  • 安全ガイド *1
  • クイックガイド *1
  • スマホケース *1
  • 保護フィルム(貼付済み)*1

 

AndroidスマホはiPhoneと違ってカバーを探すのが大変なので、専用カバー付きは嬉しかったです。

OPPO R17 Pro レビュー

 

専用カバーを取り付けても、本体カラーのグラデーション感がそれほど損なわれないあたりに、デザインへのこだわりを感じます。

OPPO R17 Pro レビュー

けも
ケースや保護フィルムも付いてるのは驚きでした!
Sponsored Links

OPPO R17 Proの特徴

続いてOPPO R17 Proの性能や特徴をレビュー致します。

有機ELディスプレイを採用

6.4 インチ有機ELディスプレイを採用。解像度は2340 x 1080 ピクセルで、自然かつ美しい見え心地です。

OPPO R17 Pro レビュー

 

インカメラ部分は小さな水滴型ノッチになっており、画面占有率91.5%の大画面を実現しています。

OPPO R17 Pro レビュー

けも
画面いっぱいに表示されて迫力満点ですよ!

Bluetooth ver 5.0に対応

OPPO R17 ProはBluetooth ver 5.0と豊富なコーデックに対応しています。

OPPO R17 Pro レビュー
▲Bluetooth ver 5.0対応のSONYの「WF-1000XM3」と接続し、快適に音楽を楽しんでいます

対応コーデックは

  • SBC(標準)
  • apt-X(高音質)
  • apt-X HD(超高音質)
  • LDAC(更に超高音質)

SONYの「WH-1000XM3」などのLDAC対応のワイヤレスヘッドホンでハイレゾ相当の高音質で音楽を楽しめます。

なお、イヤホンジャックは廃止されている為、有線で楽しむためにはType-C-イヤホンジャック アダプタが必要です。

注意
AACには対応していません。

超急速充電に対応

R17 Pro10分で40%の超急速充電に対応しています。

充電ポートはUSB-TypeCを採用、専用の充電器で超急速充電が可能。

OPPO R17 Pro レビュー

「SuperVOOCフラッシュチャージ」という技術で、3700mAh の大容量バッテリーにも関わらず、10分で40%のハイスピード充電が可能です。

OPPO R17 Pro 急速充電 SuperVOOC
▲実際に計測したところ、7分半で20%充電できました

けも
寝る前に充電を忘れても、朝の短時間で全然オッケーです!

操作性

R17 ProはAndroid8.1をベースにした独自OS「ColorOS 5.2」を搭載。

OPPO R17 Pro設定画面
▲設定画面もiOSにソックリで違和感なく使えました

けも
これがiPhoneに似たインターフェースで、笑えるほど使いやすかったんですよ!

 

物理ボタンの配置もiPhoneX系列と同じ。

OPPO R17 Pro レビュー
▲本体右側に電源ボタン

OPPO R17 Pro レビュー
▲左側に音量ボタン

ホーム画面に戻るジェスチャもiPhoneと全く同じ「画面下からスワイプ」なので、iPhoneユーザーでもスムーズな操作が可能です。

けも
デフォルトのカメラアプリもiOSにそっくりで使いやすかったですよ!

カメラ性能と作例

R17 Proはデュアルレンズを搭載で、夜景とポートレートが手軽に綺麗に撮れます。

OPPO R17 Pro レビュー

  • アウトカメラ: 1200万画素(F1.5/F2.4可変式)+2000万画素(F2.6)
  • インカメラ: 2500万画素(F2.0)
  • フラッシュ: LEDフラッシュ

スナップショット

OPPO R17 Proでスナップショットした作例を元に描写性能をチェック。

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲明暗差の大きな場面。多少の白飛びはあるが優秀な描写

 

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲植物の細部までクッキリ、立体的で鮮やかです

 

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲明るいレンズのおかげで、金網越しに撮影して後ろボケを楽しむこともできます

 

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲比較的派手な仕上がりなので、ゴミ箱もアートっぽく切り取れます(笑)

 

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲全体的に色は濃いめですが、青空はナチュラルな印象です

光学2倍ズームレンズ

OPPO R17 Proは光学2倍ズームレンズを搭載し、ちょっと離れた被写体も大きく切り取ることができます。

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲通常(広角)での撮影

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲同じ位置から2倍ズームで撮影

けも
使い分けすると便利ですよ!

ポートレートモード

ポートレートモードでは、背景をボカして被写体を強調した写真が撮れます。

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲適度に背景がぼけ、飲み物が際立ちます

 

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー

 

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲葉にピントを合わせたこんな感じのショットも可能

 

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲夜でもスマホをしっかりホールドすればポートレートモードが使用可能

けも
これぞ!という被写体を手軽に目立たせて撮れます!

ウルトラナイトモード

R17 Proのセールスポイントである夜景モードでは、明るいレンズと光学手ぶれ補正を活用し、SNS投稿にぴったりのパッと見て綺麗に感じる写真が撮影できます。

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲スマホでこれだけ撮れれば十分では?と思わせる写り

 

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲ライティングによっては幻想的な仕上がりに

 

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲明暗差が際立ちます

 

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲こちらも幻想的な仕上がりですが、オートだと少し明るいかも

 

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲手動で暗めに設定すればナチュラルな夜景も撮れます

けも
自然な夜景も、絵画のような夜景も撮れます!

Pixel 3aとの比較

妻が「Pixel 3a」を使っているので、参考までに、構図の近い写真を掲載します。

夜景モードの比較。Pixel 3aの方がやや鮮やかな印象です。

Pixel 3a カメラ レビュー
▲Pixel3aにて撮影

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲R17 Proにて撮影

 

ポートレートモードの比較。ボケ量はPixel 3aの方が多いが、やや不自然か。この辺は好みですね。

Pixel 3a カメラ レビュー
▲Pixel3aにて撮影

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲R17 Proにて撮影

 

日中のポートレートモード。構図は少し違いますが、甲乙付け難い描写です。

Pixel 3a カメラ レビュー
▲Pixel3aにて撮影

OPPO R17 PRO カメラ性能 レビュー
▲R17 Proにて撮影

けも
カメラ性能の評判が良いPixel 3aとも遜色ない写りですね!

デュアルSIMに対応

R17 ProはnanoSIMx2 のデュアルSIMに対応し、データ専用+電話用など使い分けや併用が可能。

▲nanoSIMスロットに裏表 各1枚挿入可能

例えば、長期・家族割や通話定額でキャリアSIMを辞めたくない場合でも、キャリアは一番安いプランに変更+格安SIMでデータプランを契約すれば、お得に使えます。

けも
通話やデータ通信をたくさん使う人ほど活用できますよ!
▼格安MVNO IIJmio ならスマホ本体+回線セットでお得に買えちゃいます!

\ TRY NOW /
IIJmio公式で申し込む
データ通信専用SIMなら月々900円(税別)から利用可能!!

Sponsored Links

OPPO R17 PROのレビューまとめ

本記事は「【OPPO R17 Pro レビュー】夜景とポートレートが綺麗なSIMフリーAndroidスマホ」について書きました。

iPhoneユーザーにもオススメの「OPPO R17 Pro」は夜景とポートレートが綺麗な高性能カメラを備えたAndroidスマートフォン。

写真が綺麗に撮れるだけでなく、個性的なデザインも目を惹く魅力的な一台です。

iOSに似たユーザーインターフェースで違和感なく操作できるため、乗り換えや二台持ちにも最適です。

けも
シンプルなiPhoneとの対比も楽しめる、おすすめのAndroidスマホですよ!

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

\ TRY NOW /
IIJmio公式で申し込む
データ通信専用SIMなら月々900円(税別)から利用可能!!
 

Amazon 現金チャージ
Amazonギフトの現金チャージで 1,000円分のポイントがもらえる!
チャージ金額に応じて更にポイント付与
プライム会員なら最大2.5%ポイント還元
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です