Amazonで 1,000P もらえるキャンペーン

【トーハクの見どころ】東京国立博物館で仏像を楽しむ

東京国立博物館

どうも、仏像鑑賞が好きな、けも(@namakemonolog9)です。

京都や奈良、鎌倉のお寺でのライブ感あふれる仏像鑑賞は至高です。

けも
でも千葉県民のけもにはどこもちょっと遠い…

そんなときは東京国立博物館トーハクで仏像を楽しむに限ります。

東京国立博物館

東京国立博物館は

  • 特別展で日本全国・世界各地の仏像が見られる
  • 常設展でも数多くの仏像鑑賞が可能
  • 特別企画展でいつもと違う切り口で楽しめる

いつ行っても楽しい博物館です。

けも
全部見ようと思ったら丸一日かかるほど盛りだくさんですよ!

というわけで本記事では「仏像好きのための東京国立博物館の楽しみ方」を書いていきます。

東京国立博物館で仏像を楽しむ

本館(日本の仏像)

本館には日本の美術品が展示されています。

東京国立博物館▲本館の外観

 

本館1Fのジャンル別展示「彫刻」では、重要文化財や国宝の仏像を鑑賞できます。

撮影OKな不動明王を撮ってきました。

東京国立博物館
▲不動明王立像 11世紀 木造

他にも沢山のブツが見られるのですが撮影NGが多いため、実際に足を運んで楽しんでみてください!

東洋館(アジアの仏像)

東洋館には中国をはじめとしたアジアの美術が展示されています。

東京国立博物館
▲入り口から入り右手にあるのが東洋館です

 

東洋館に入り2Fに上がると、目玉のガンダーラ仏像がお出ましです。

東京国立博物館
東京国立博物館
東京国立博物館
東京国立博物館
東京国立博物館
東京国立博物館

ガンダーラ仏像は、ヘレニズム文化の影響を受けたギリシャ的な顔立ちで、まさに王子!という感じのイケメン揃いです。

けも
パンチパーマになる前はウェーブヘアーだったんですね!

 

東洋館にはテラスがあり、ちょっと気分転換したい時にオススメです。

東京国立博物館
▲テラスにはテーブルと椅子もあり、ゆっくりくつろげます

 

ずっと静かで薄暗い室内にいると疲れてしまいますので、テラスで休憩を。

東京国立博物館
▲テラスから本館を撮影

けも
新鮮な空気を吸ってから仏像鑑賞に戻りましょう!

平成館

平成館では土偶や埴輪など、考古学的価値のある品々を鑑賞できます。

仏像ではありませんが、山岳信仰で著名な山から出土した蔵王権現ZOGG像が展示されていました。

東京国立博物館
▲押出蔵王権現像 奈良県天川村 大峯山頂遺跡出土 平安時代・10~12世紀

 

▼こちらは蔵王権現ZOGG鏡像

東京国立博物館

けも
このポージング真似してみてください!できませんから!(笑)

常設チケットでも楽しめる特別企画

トーハクでは、特別展のチケットがなくても楽しめる「特別展示」が催されていることがあります。

 

「博物館でアジアの旅 LOVE♡アジア」では、愛をテーマにした美術品の数々を楽しめます。

東京国立博物館
▲特別企画「博物館でアジアの旅 LOVE♡アジア」は東洋館にて 2019年9月10日(火)~2019年10月14日(月)開催中

 

本館で展示中の「文化財よ、永遠に」では、東日本大震災などで被災した仏像や、修復された仏像を鑑賞できます。

東京国立博物館
▲住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」は本館 特別4室・特別5室にて 2019年10月1日(火)~2019年12月1日(日)開催中

けも
いつも違った切り口で楽しませてくれますねぇ〜

特別展

特別展では普段東京ではなかなか見られないレア仏像が見られるチャンスですので、定期的にチェックしています。

▼ちなみに過去に行った仏像系の特別展はこんな感じ

どれも魅力的な企画展で、めったにお目にかかれない仏像もたっぷり楽しめました。

けも
タイ展のみうらじゅん・いとうせいこうの音声ガイドが秀逸で良かった…!

建物内部も楽しめる

トーハクは建物自体も美しく、見ているだけでも楽しめます。

本館

トーハク本館の大階段は圧巻です。

東京国立博物館

ドラマの撮影にも使われているそうです。

東京国立博物館

 

巨大なステンドグラスも美しい。

東京国立博物館

けも
歩くだけで優雅な気持ちになっちゃいます!

高円宮コレクション室

本館の大階段を上がったところには高円宮たかまどのみやコレクション室があります。

東京国立博物館

 

現代根付の蒐集家しゅうしゅうかであった高円宮殿下のご遺志によって誕生したコレクション室は、帝室博物館時代に貴賓室きひんしつとして使われていた場所でもあり、一味違った雰囲気を楽しめます。

東京国立博物館

 

カーテンからも貴賓室感が溢れます。

東京国立博物館

 

展示されている根付は全部で50点。

東京国立博物館
▲展示ケースは帝室博物館時代のものを改良したものだそうです

けも
かわいらしいものが沢山あって面白いですよ!

疲れたら庭園で休憩を

鑑賞に疲れたら庭園を散策してリフレッシュできます。

東京国立博物館
▲わかりやすい案内板。この日は庭園を開放していたので楽しめました。

 

緑に囲まれた空間に癒されて気分爽快!

東京国立博物館
▲これぞ庭園!という感じのフォトスポット

 

ベンチに座って振り返ると本館が。

東京国立博物館
▲庭園からは本館の裏側が見られます

けも
秋は紅葉、春は桜が楽しめますよ!
注意
庭園開放の時期は春・秋の限られた期間だけですので公式サイトをチェックしましょう

東京国立博物館で仏像を楽しむ まとめ

本記事は「【トーハクの見どころ】東京国立博物館で仏像を楽しむ」について書きました。

仏像はお寺で鑑賞するのが一番好きなのですが、博物館では普段見られない仏像をたっぷりに見られるのでお得です。

東京国立博物館では日本の仏像のほか世界の仏像も楽しめ、常設展も定期的に入れ替えがあり、いつ行っても楽しめます。

けも
次の仏像系の企画展は何かな?とワクワクしています!

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

Amazon 現金チャージ
Amazonギフトの現金チャージで 1,000円分のポイントがもらえる!
チャージ金額に応じて更にポイント付与
プライム会員なら最大2.5%ポイント還元
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です