Amazon Music HDの魅力

【cheero TouchBone レビュー】骨伝導イヤホンはテレワークにピッタリだった【CHE-628】

cheero touchbone

評価:4.5

けも
この記事は
cheeroの骨伝導ワイヤレスイヤホン「TouchBone」をレビュー。家事やオンライン会議中も周りの音を聞き逃さずにながら聴きできる便利なアイテムですよ!

テレワークの普及に伴い、人気急上昇中のワイヤレスイヤホンですが、

  • 周りの音が聞こえない
  • 自分の声がこもる
  • 付けっぱなしだと不衛生

などのデメリットも挙げられます。

そのデメリットを解消できるのがネックスピーカーなのですが、周りに音が漏れてしまうという難点が…。

そこで新たな選択肢になるので骨伝導ワイヤレスイヤホンです。

cheero touchbone

TouchBoneのポイント

  • 耳を塞がず周りの音が聞こえる
  • スポーツにも使える防水性能
  • 連続5~6時間再生

オンライン会議やながら聴きにピッタリの新しいオーディオガジェットです。

けも
新たな選択肢としてアリ!

というわけで本記事は「cheero TouchBone」について書いていきます。

MEMO
本記事はメーカーよりサンプル機の提供を受け作成しています
この記事の著者
けも

ポタオデブロガー

けも

Kemo

プロフィール

ポータブルオーディオポタオデを愛するナマケモノ。
音大での経験をもとに「聴く楽しさ」と「オーディオの楽しさ」を広めるべく日々ブログを更新中。
詳しいプロフィール

cheero TouchBone の概要

cheero TouchBoneのスペック・外観・付属品について解説します。

cheero touchbone

スペック

TouchBoneのスペック表は以下の通り。

cheero touchbone

防水等級はIPX5なので、あらゆる角度からの流水にも耐えられます。

対応コーデックはSBCの他AACにも対応し、iPhoneや新しめのAndroid端末であれば、低遅延で高音質のリスニングが楽しめます。

連続再生(通話)時間は5~6時間。WEB会議や外出時でも余裕を持って使用できるバッテリーです。

外観

TouchBoneは耳掛け型ヘッドホンのような形状をしています。

cheero touchbone

 

右側の外側には操作ボタンを備え、電源や再生/停止、音量操作に対応。

cheero touchbone

 

振動する部分はゴム膜のようなもので覆われていて、音が拡散しにくいです。

cheero touchbone

 

充電ポートはキャップ付き。

cheero touchbone

 

ポートはMicro-Bタイプ。約1.5時間でフル充電が可能です。

cheero touchbone

 

重さは約30gと軽量なので、疲れたり耳が痛くなったりしにくいです。

cheero touchbone

けも
パット見は普通のワイヤレスイヤホンだね!

付属品

付属品は以下のとおりです。

cheero touchbone

付属品

  • 充電ケーブル(USB-A to Micro-B)
  • 収納ポーチ
  • 取扱説明書

cheero TouchBone の装着感・音質・使用シーン

cheero TouchBoneの装着感や音質、使用シーンについて解説します。

装着感

TouchBoneは耳にかけて使用するタイプの骨伝導ワイヤレスイヤホンです。

TouchBone 装着感

耳穴の前方にある下顎骨かがくこつに当たるように装着し、振動を伝えます。

位置さえ掴めれば、耳掛け型ヘッドホンのような感じで問題なく装着できます。

けも
本体が軽いので、耳への負担は少なく快適。

音質

TouchBoneの音質は、想像していたよりもハッキリとしていました。

骨伝導=こもった音というイメージを持っていたからもあるのですが、振動膜から耳穴の方にも直接音が届くので、中高音域を中心に明瞭に聞こえます。

ちなみに重低音はほぼ出ないので、音楽鑑賞よりは会議やラジオなど、音声コンテンツ向きで、人の声を聞き取るのに特化したつくりになっています。

また本末転倒な使い方ですが、耳栓をすると骨伝導の音のみになり、“脳に直接語りかけられてる感”を出せて面白かったです。

使用シーンと音漏れについて

使用シーンはどんな感じか?実際に使用してみた感想をまとめました。

cheero touchbone

使用シーンについて

パッケージ写真にあるように、周囲の音を耳に入れながら「ながら聴き」できるのが最大の特徴なので、一番向いてるのはWEB会議と思われます。

耳を塞がないので周囲の人に気を配りながら会話でき、自分の声も大きくなりすぎないのはオフィスでも自宅でもメリット大。

家事をしながらはどうかというと、周囲の音によります。料理の際、換気扇をつけると結構厳しかったです。

一方、外や公園を散歩するのにはなかなか良いと思います。車が多くなければ快適にながら聴きでき、周囲の音も聞こえて安全です。

電車内での使用はほぼ無理。走行音に完全に負けます。耳栓を併用すれば可能ですが、それなら普通にイヤホンを使ったほうが良いでしょう。

音漏れについて

骨伝導ですが音漏れはほんの少しあります。とはいえネックスピーカーに比べればほぼ無いといっても良いくらい。自宅やオフィスなどの日常使いであれば、周囲の喧騒にかき消されるので心配ないでしょう。

cheero TouchBone のレビューまとめ

本記事は「cheero TouchBone」について書きました。

初めての骨伝導イヤホンということで期待と不安がありましたが、良い意味で普通でした。

じっくりと音楽鑑賞するには向きませんが、ラジオなどの音声コンテンツやトーク主体の動画コンテンツには十分。

WEB会議で使用すると耳を塞がないからか、普段通りナチュラルに振る舞える感じがして良いです。

イヤホン、ネックスピーカーに次ぐ第三の選択としてアリかもしれません。

けも
骨伝導、この値段なら試してみても良いのでは?

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

Amazon Music HD
CDを超える高音質で音楽が聴き放題!
最大24bit/192kHz
年間契約で更におトク
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です