Amazon Music HDの魅力

【音質革命】Amazon Music HDの音質や対応DAPをレビュー!【対応機器】

Amazon Music HD

h

けも
この記事は
高音質音楽ストリーミングサービス「Amazon Music HD」をレビュー。iPhoneなどスマホでの聴き方、対応DAPや音質を解説しています。

▶︎Amazon Music HD対応のDAPはこちら

スマホやPCで手軽に音楽を聴けるようになって久しいですが、2019年9月に「Amazon Music HD」がスタートしました。

Amazon Music HD

  • 6,500万曲以上聴き放題
  • 最大24bit / 192kHz CD越えの高音質
  • iOS / Android / Win / Macに対応

いわゆるハイレゾを楽しめる、音楽ファン待望のサブスクサービスです。

実際に使ってみましたので、良かった点・イマイチな点をレビューしたいと思います(結果、一年契約に登録しました)

けも
高音質の音楽配信なら現状最強サービス!

というわけで本記事は「Amazon Music HD」について書いていきます。

\ 30日間無料体験 /
Amazon Music HDを試す 公式サイトを見る 
▶︎ハイレゾについてはこちら
ハイレゾとは? 【無意味は大ウソ】ハイレゾとは?定義やCDとの違いを解説!
この記事の著者
けも

ポタオデブロガー

けも

Kemo

プロフィール

ポータブルオーディオポタオデを愛するナマケモノ。
音大での経験をもとに「聴く楽しさ」と「オーディオの楽しさ」を広めるべく日々ブログを更新中。
詳しいプロフィール

Amazon Music HD とは?

Amazon Music HDは、音楽の高音質ストリーミング配信サービスです。

これまでの音楽配信では圧縮によってデータが失われていましたが、Amazon Music HDでは圧縮をしていないので、より繊細で迫力のある音楽を楽しめます。

けも
いわゆるハイレゾってやつだよ!

▶︎ハイレゾについてはこちら
ハイレゾとは? 【無意味は大ウソ】ハイレゾとは?定義やCDとの違いを解説!

Amazon Music HD最大24bit / 192kHzの高音質で音楽を楽しめます。

  • HD CD同等(16bit / 44.1kHz)
  • Ultra HD CDより高音質(24bit / 48kHz,96kHz,192kHzなど)

数字だけだとわかりづらいので、デジタル音楽の歴史をざっくりまとめました。

デジタル音楽配信の変遷

※bps→1秒あたりのデータ量

CDはそこそこ高音質でしたが、ネット配信になり一気にデータが削られました

どこにいても好きな音楽を買えるのは画期的でしたが、当時のDAP(iPodなど)の内蔵メモリ容量が小さかったので仕方なかったかもしれません。

2015年ごろになると、高音質なワイヤレスヘッドホンとサブスクの台頭によりスマホで音楽を聴くことが当たり前になり、音質も回復しましたが、まだまだCDには及びません。

2019年、AmazonからCDを越える音楽ストリーミングサービス「Amazon Music HD」がスタート。

単純な情報量だけでいえばCDの倍以上、サブスクの10倍以上のデータ量で配信されています。

CD・ロスレス・ハイレゾを聴き慣れている自分としても十分満足できる音質に感じました。

けも
音質は文句なしの合格点!

\ 30日間無料体験 /
Amazon Music HDを試す 公式サイトを見る 

Amazon Music HD の料金・他プラン比較

Amazon Music HDの料金を他のプランと比較してみました。

Amazon Music HDの料金
非プライム会員プライム会員曲数高音質数百万曲のUltraHD
Prime Music不可無料約200万曲××
Amazon
Music
Unlimited
980円/月780円/月
1,780円/年
6,500万曲以上××
Amazon
Music HD
1,980円/月1,780/月
17,800/年
6,500万曲以上

Amazon Music Unlimitedと比較したそれぞれのメリットは以下の通り。

Amazon Music HD
  • 6,500万曲
  • 全曲CD音質以上
  • 数百万曲はCD超えの音質
Music Unlimited
  • 6,500万曲
  • HDより1,000円安い

価格差はありますがAmazon Music HDは全曲高音質なので十分元が取れます。

 

また、プライム会員になって年間プランを契約すると年間で5,560円お得になり、一ヶ月あたりの料金が1,483円に!

Music Unlimited、Spotify、Apple Musicは月額980円なので、プラス約500円で高音質ストリーミングが楽しめちゃいます。

かくいう私も最初は月額プランで試して、良かったので年間プランに変更しました。

毎月CD代に1万円以上使っていた頃もあったなぁ…!

けも

クーバ

音楽ファンには良い時代になったね〜

\ 6500万曲高音質 /
Amazon Music HDを試す 
\ 6500万曲聴き放題 /
Music Unlimitedを試す 
\ 200万曲聴き放題 /
Prime Music を試す 

Amazon Music HD の使用感

Amazon Music HDPC/スマホアプリの使用感音質をレビューします。

PC/スマホともに通常のAmazon Musicアプリで再生できますが、管理画面が少しだけ違うので解説します。

PC用アプリ(Windows/Mac)

PC版はMacアプリを例に解説します。

管理画面はほとんど同じですが、「UltraHD」関連のプレイリストが多数表示され、再生すると曲名の右にマークが出現します。Amazon Music HD HDボタン

 

ボタンをクリックすると音質の詳細が確認できます。

Amazon Music HD PC 音質確認

  • 音質 配信されている楽曲の音質
  • 端末の性能 PCやDACの性能
  • 現在 いま実際に再生されている音質
けも
ネットの速度で音質が変わるよ!

スマホ用アプリ(iPhone/Android)

スマホ版はiPhone版を例に解説します。

起動画面では「HD」の文字が出現。

Amazon Music HD iPhone 起動画面

 

再生すると「Ultra HD」の文字が出ます。

Amazon Music HD iPhone HDボタン

 

ボタンを押し音質の詳細を確認。

Amazon Music HD 音質確認

  • 楽曲の最大音質
  • 端末の性能
  • 再生中の音質

が表示されます。

ちなみに上の画像の例はiPhoneのみで再生した場合で、24bit/96kHzが24bit/48kHzにダウンコンバートされています。

けも
対応のポータブルヘッドホンアンプを繋ぐとフルスペックで聴けるよ!

\ 30日間無料体験 /
Amazon Music HDを試す 公式サイトを見る 

Amazon Music HD 対応DAPまとめ

Amazon Music HD対応のAndroid搭載DAPを、メーカー別に一覧表にまとめました。

MEMO
再生時にサンプリング周波数が48kHzにダウンサンプリングされるものには(※)マークを付与しました。
けも
個人的に96kHzや192kHzより24bitであれば高音質だと感じるので、ダウンサンプリングされる機種も紹介しています!

SONY | NW-ZX507

SONYの「NW-ZX507」です。

SONY NW-ZX507

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
4.4mm最大20時間2.4G / 5G

バランス接続にも対応したネットワークウォークマンの最上位機種。

サービス開始時はサンプリング周波数が48kHzにダウンされてしまうようでしたが、アップデートで完全対応

本体もコンパクトで持ちやすく音質もハイグレードな手堅い一台。

けも
ソニーのバランス接続対応機種ならコレ!

▶︎NW-ZX507の詳細はこちら
SONY NW-ZX507 【SONY NW-ZX507 レビュー】Amazon Music HDにフル対応!コンパクトで高音質なAndroidウォークマン

↑一覧表に戻る

SONY | NW-A105

SONY「NW-A105」です。

SONY NW-A105

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
最大26時間2.4G / 5G

エントリーモデルながらAndroidを搭載し、サブスクを楽しめる一台。

シングルエンド出力のみですが、しっかりハイレゾ感を味わえる音質を提供してくれます。

けも
選ぶのに迷ったらコレ!

▶︎NW-A105の詳細はこちら
SONY NW-A105 【SONY NW-A105レビュー】ストリーミングも高音質な新型ウォークマン【NW-A100/NW-A106/NW-A107】

↑一覧表に戻る

FiiO | M15

FiiOの「M15」です。

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
2.4mm / 4.4mm最大15時間2.4G / 5G

FiiOのフラッグシップDAP(Digital  Audio Player)で、いわゆる全部入りの一台。

音質と機能のためにはお金を惜しまない!って人におすすめ。

けも
10万円越えながら発売と同時に人気に!

↑一覧表に戻る

FiiO | M11Pro

FiiOの「M11Pro」です。

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
2.5mm / 4.4mm最大9.5時間2.4G / 5G

2系統のバランス出力に対応したハイコストパフォーマンスモデル。

ハイパワーゆえ再生時間が短めですが、旭化成のDACチップ「AK4497EQ」を2基搭載と音質はお墨付き。

けも
ミドルレンジの定番機種!

↑一覧表に戻る

FiiO | M11

FiiOの「M11」です。

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
2.5mm / 4.4mm最大13時間2.4G / 5G

M11 Proの登場により、値ごろ感のあるミドルレンジモデル。

再生時間も13時間とProより長いので、よりコスパを求めるならコチラをおすすめ。

けも
オトク感があってグッド!

↑一覧表に戻る

FiiO | M9

FiiOの「M9」です。

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
2.5mm最大10時間2.4G

※Amazon Music HD動作ややモッサリらしいです

4万円前後ながらバランス出力に対応した一台。

メモリの関係かAmazon Music HDの動作はちょっと不安定らしいですが問題なく再生できるようです。

けも
Android+バランス出力で手頃なモデル!

↑一覧表に戻る

FiiO | M6

FiiOの「M6」です。

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
最大13時間2.4G

※Amazon Music HD動作ややモッサリらしい

Android搭載DAPのエントリーモデル。

バランス出力には対応しませんがその分お求めやすくコンパクトに。

こちらもAmazon Music HDの動作がやや遅いという報告が多いですが、再生は可能なようです。

けも
とはいえAndroidDAPで2万円以下は破格!

↑一覧表に戻る

Shanling | M6

Shanlingの「M6」です。

Shanling M6

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
2.5mm / 4.4mm最大12時間2.4G / 5G

私がメインで使っているDAP(Digital Audio Player)で、イチオシのモデル。

2系統のバランス出力を備えているのでちょっと大きめですが、音質は高解像でダイナミック

Amazon Music HDを使っているとたま~にモッサリしますが再起動すれば問題なし(起動も6秒前後!)。

悩みに悩んで買った甲斐がありました。

けも
エントリーモデルよりもハッキリと音質の違いがわかるおすすめの一台!

▶︎Shanling M6の詳細はこちら
Shanling M6 レビュー 【Shanling M6 レビュー】バランス接続でAmazon Music HDが聴ける!全部入り高音質DAP

↑一覧表に戻る

Shanling | M6 Pro

Shanlingの「M6 Pro」です。

Shanling M6 Pro

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
2.5mm / 4.4mm最大13時間2.4G / 5G

Shanling M6の上位モデル。

外観のカラーや質感も少々異なるが、DACチップなど音質面で強化を図った一台。

けも
Shanlingのハイエンドモデル!

▶︎M6 Proの詳細はこちら
Shanling M6 Pro 【Shanling M6 Pro レビュー】音質アップした新フラッグシップDAPをM6と聴き比べ!

↑一覧表に戻る

Astell&Kern | A&ultima SP2000

Astell&Kernの「A&ultima SP2000」です。

SP2000

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
2.5mm約8時間2.4G / 5G

Astell&Kernのフラッグシップモデル。

旭化成エレクトロニクス社の最新フラッグシップDAC、AKM「AK4499EQ」をデュアル構成で採用し、新しいオーディオ回路とアンプ部の設計により、さらなる高出力化(バランス6Vrms/アンバランス3Vrms)と低歪・高S/N化の両立を実現。

けも
お値段もハイエンドなフラッグシップモデル!

↑一覧表に戻る

Astell&Kern | A&ultima SP1000M

Astell&Kernの「A&ultima SP1000M」です。

SP1000M

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
2.5mm最大10時間2.4G

SP2000登場まで最上位機種だった「A&ultima SP1000」のサウンドクオリティを可能な限り維持しながら、小型軽量化・低価格化したフォローアップモデルです。

けも
コンパクトさと本格的な音質を両立!

↑一覧表に戻る

Astell&Kern | A&norma SR25

Astell&Kernの「A&norma SR25」です。

SR25

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
2.5mm最大21時間2.4G

「SR15」に続くA&normaシリーズの第2弾。

手軽でありながらサウンドには妥協のないスタンダードモデル。

けも
斜め画面が個性的でカッコイイ!

↑一覧表に戻る

Astell&Kern | A&futura SE100

Astell&Kernの「A&futura SE100」です。

SE100

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
2.5mm最大11時間2.4G

Astell&Kernプレーヤーのプレミアムモデル。

ポータブルプレーヤーとして初めてESS Technology 8ch DAC「ES9038PRO」を搭載、圧倒的高音質を誇る。

けも
最先端技術によるHi-Fiサウンドを!

↑一覧表に戻る

Astell&Kern | KANN CUBE

Astell&Kernの「KANN CUBE」です。

KANN CUBE

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
2.5mm最大8時間2.4G

ESS Technology社SABRE PROシリーズの8ch DAC「ES9038PRO」を、ポータブルオーディオプレーヤーとして初めてデュアル搭載。

高出力再生と低ノイズ化の両立を実現。

ポータブルにしては大きめながら人気の高いモデルです。

けも
駆動力の必要なヘッドホンにも!

↑一覧表に戻る

iBasso | DX220

iBassoの「DX220」です。

iBasso Audio DX220

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
2.5mm最大9時間2.4G / 5G

コンパクトながら据え置き機並みの高音質を誇るハイエンドDAP。

ハイパワーゆえ再生時間が短めですが、奥行きのある上質なサウンドはクセになります。

Amazon Music HDは問題なく動作しましたのでご心配なく。

けも
そもそもプレイヤーとしてクオリティが高い!

▶︎iBasso DX220の詳細はこちら
iBasso Audio DX220 【iBasso Audio DX220 レビュー】据え置き機並みのサウンドを手のひらに!Android搭載DAP

↑一覧表に戻る

iBasso | DX160

iBassoの「DX160」です。

iBasso DX160

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
4.4mm最大13時間2.4G / 5G

4.4mmバランス出力を備えたミドルレンジモデルです。

本体いっぱいに広がるディスプレイがスマホライクで使いやすい一台。

予算5万円以下でAndroid搭載DAPを探しているなら圧倒的におすすめ。

けも
コンパクトでコスパに優れた一台!

▶︎DX160の詳細はこちら
iBasso DX160 【iBasso DX160 ver.2020 レビュー】この価格帯では敵なし!Andoird&バランス対応の全部入りDAP

↑一覧表に戻る

HiBy | R6 Pro

HiByの「R6 Pro」です。

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
4.4mm最大12時間2.4G / 5G

HiBy製Android搭載DAPのハイエンドモデル。

バランス出力やSABRE製ES9028Q2M2基搭載など音質を追求した一台。

けも
デザインもスタイリッシュで高級感あり!

↑一覧表に戻る

HiBy | R5

HiByの「R5」です。

Hiby R5

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
4.4mm最大18時間2.4G / 5G

※Amazon Music HD動作はややモッサリでした

すっきり爽やか、透明感あるサウンドが特徴のAndroidDAPエントリーモデル。

Amazon Music HDの動作はちょっとモッサリ気味でしたが、音質はハイクオリティ。

片手で操作できるコンパクトさも魅力の一台。

けも
スマホっぽく手軽に使える!

▶︎HiBy R5の詳細はこちら
HiBy R5 【HiBy Music R5 レビュー】ストリーミングも楽しめる!バランス端子搭載ハイコスパDAP

↑一覧表に戻る

ONKYO | DP-CMX1 GRANBEAT

ONKYOの「DP-CMX1 GRANBEAT」です。

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
△※2.5mm最大25時間2.4G / 5G

※24bit / 48kHzまで

ONKYOの高音質スマホで、SIMカードが挿さるので、サブスクとの相性は抜群。

マニアックな製品ながらファンの多いモデルで、現在はアウトレットや中古で人気です。

いま新製品を出したらめちゃくちゃ売れそうな、時代を先取りしすぎたDAP。

けも
新型の登場、待ってます!

↑一覧表に戻る

ONKYO | DP-X1A

ONKYOの「DP-X1A」です。

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
△※2.5mm最大16時間2.4G / 5G

※24bit / 48kHzまで

2016年の発売ながら今なお人気のDAP(Digital Audio Player)。

2.5mmバランス出力やAndroid採用など、先見の明があったモデル。

SABRE製DACとアンプをそれぞれ2基ずつ搭載するなど、高音質を追求した一台。

けも
いまだ根強い人気!

↑一覧表に戻る

Cayin | N6ii

Cayinの「N6ii」です。

Ultra HDバランス出力再生時間microSDWi-Fi
4.4mm最大14時間2.4G / 5G

4GB RAMを搭載しサクサク操作できるAndroid DAPで、音ゲーも楽しめるハイエンドモデルです。

4.4mmバランス出力を備え、旭化成製DAC搭載の高音質も魅力の一台。

オーディオマザーボードを交換できるというニッチな仕様に、マニア心がくすぐられます。

けも
サクサク操作で高音質を楽しみたいならコレ!

↑一覧表に戻る

Amazon Music HD の対応機器(スマホ/PCなど)

Amazon Music HDの対応機器を紹介します。

iPhone / Android

iPhone / Androidスマホで聴く場合は、ポータブルヘッドフォンアンプを使うのがお手軽。

1万円代で導入でき、パソコンでも使用できるFiiOの「Q1 MarkⅡ」がおすすめです。

FiiO Q1 mark2

スマホ大のサイズながら、Amazon Music HDの24bit / 192kHzサウンドをフルに楽しめるハイスペック仕様。

ちゃんとハイレゾの音を楽しめる、初めてのヘッドホンアンプにおすすめの一台です。

けも
バランス接続にも対応してるよ!

Windows / Mac

パソコンで聴く場合は、据え置き型DACがおすすめです。

ヘッドホン/イヤホンメインで手軽に使うならFiiOの「K3」がおすすめ。

FiiO K3

1万円代前半で2.5mmバランス出力を備え、BASSスイッチとGAIN切り替えができるシンプルな構成。

けも
机の上でも場所を取らないのが良いね!

 

イヤホンのほか大型ヘッドフォンも使うのであれば、ifi Audioの「nano iDSD Black Label」がおすすめ。

nano iDSD Black Label レビュー

iPhone / Androidでも使えるポータブルアンプですが、ちょっと厚みがあるので据置として紹介。

抜けの良い本格サウンドを楽しめるDAC/アンプで、2つのヘッドホンアウトで小型イヤホン/大型ヘッドフォンまでしっかり鳴らし切ります。

けも
この大きさでもサウンドはホンモノ!
nano iDSD Black Labelのレビューはコチラ
nano iDSD Black Label レビュー 【nano iDSD Black Labelレビュー】ハイレゾを高音質に楽しめるポータブルDAC/ヘッドホンアンプ

 

本格的に楽しむならDENONの「DA-310USB-SP」がおすすめ。

DSDフォーマットにも対応しているので、Amazon Music HD以外のハイレゾ音源など幅広く再生可能。

少し大きいですが、縦置きすればデスクトップでも使えます。

けも
デジタル入力に特化、シンプルなデザインも魅力的!

Amazon Echo

Amazon Music HDはAmazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズでも再生可能。

Echo Studio
Echo Studio
Echo Plus
Echo Plus
Echo
Echo
Echo Dot
Echo Dot
Echo Dot with clock
Echo Dot
with clock
Ultra HD
HD
3D

最上位の「Echo Studio」 ではUltraHD3Dオーディオの再生をサポート、それ以外のEchoではHDまでの再生に対応しています。

私は「Echo Dot」を2つ買い、ステレオ再生で楽しんでします。

Echo Dot 第3世代 レビュー ステレオペア

本格スピーカーには負けますが、コンセントがあればどこにでも設置でき、気軽に音楽を楽しめます。

ちなみにEchoシリーズはBluetoothではなくWi-Fi経由で音楽を鳴らすので、音質が劣化しません

Echo Dotのレビュー記事はコチラ
Echo Dot 第3世代 レビュー ステレオペア 【Amazon Echo Dot(第3世代)レビュー】音楽用ならステレオペアで劇的に音質アップ!

【公式】Amazon Music HD

Amazon Music HD のレビューまとめ

本記事は「Amazon Music HD」について書きました。

ついにやってきた国内版高音質ストリーミング「Amazon music HD

洋楽もJ-POPも高音質で楽しみたい自分にとっては待ちに待ったサービスでした。

アプリの使用感も問題なく、音質も期待以上の仕上がりだったので、2ヶ月分お得な一年契約をしちゃいました。

アプリの使用感やプレイリストのセンスはSpotifyやAppleMusicの方が好みですが、音質の良さには敵いません

けも
聴き放題で音も良い、最強の音楽サブスク!

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

\ 30日間無料体験 /
Amazon Music HDを試す 公式サイトを見る 

▶︎ハイレゾについてはこちら
ハイレゾとは? 【無意味は大ウソ】ハイレゾとは?定義やCDとの違いを解説!
Amazon Music HD
CDを超える高音質で音楽が聴き放題!
最大24bit/192kHz
年間契約で更におトク
公式をチェック  もっと詳しく
Amazon 現金チャージ
Amazonギフトの現金チャージで 1,000円分のポイントがもらえる!
チャージ金額に応じて更にポイント付与
プライム会員なら最大2.5%ポイント還元
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です