Amazon Music HDの魅力

【音質革命】Amazon Music HDを聴くには?料金・対応機器・音質をレビュー!

Amazon Music HD

けも
この記事は
高音質で音楽を楽しめるストリーミングサービス「Amazon Music HD」をレビュー。聴き方やおすすめ機種、音質をレビューしていますので参考にしてみて下さいね!

どうも、人生にはいつも音楽がありました、けも(@namakemonolog9)です。

ダウンロードやストリーミングで音楽を聴くようになって久しいですが、2019年9月にAmazonから高音質音楽配信サービス「Amazon Music HD」がスタートしました。

Amazon Music HD

Amazon Music HD

  • Music Unlimited同様、6,500万曲聴き放題
  • 最大24bit / 192kHz、CD越えの高音質
  • iOS / Android / Win / Macに対応

いわゆるハイレゾを楽しめる、音楽ファン待望のサブスクサービスです。

私もすぐに登録して約3ヶ月ガッツリ使ってみましたので、良かった点やイマイチだった点をレビューしていきます。

けも
高音質で音楽を楽しむなら、現状で最強のサービス!

というわけで本記事は「【音質革命】Amazon Music HDを聴くには?料金・対応機器・音質をレビュー!」について書いていきます。

\30日間 無料体験/
Amazon music HDを試す

Amazon Music HD とは?

Amazon Music HDは、音楽の高音質ストリーミング配信サービスです。

これまで圧縮によって失われていたデータが含まれることにより、より繊細で迫力のある音楽を楽しめます。

けも
いわゆるハイレゾってやつを楽しめるのだよ!

▶︎ハイレゾについてはこちら
ハイレゾとは? 【今さら聞けない】ぶっちゃけハイレゾってどうなの?仕組みやCDとの違いを解説!

音質

Amazon Music HDは最大24bit / 192kHzの高音質で音楽を楽しめます。

  • HD CDと同等(16bit / 44.1kHz)
  • Ultra HD CDより高音質(24bit / 48kHz,96kHz,192kHzなど)

数字だけだとピンとこないかもしれないので、以下にデジタル音楽の歴史をざっくりまとめました。

デジタルミュージックの歴史

CDはそこそこ高音質でしたが、ネット配信になり一気にデータ量が削られました。

CDショップに行かずに音楽を買えるのは画期的でしたが、当時のDAP(iPodなど)の内蔵メモリ容量が小さかったので仕方なかったかもしれません。

2015年ごろ、高音質なワイヤレスイヤホン・ヘッドホンとサブスクの台頭によりスマホで音楽を聴くことが当たり前になり音質も回復しましたが、CDには及びません。

2019年、AmazonからCDを越える音楽ストリーミングサービス「Amazon Music HD」がスタート。

単純な情報量だけでいえばCDの倍以上、サブスクの10倍以上のデータ量で配信されています。

私もすぐに飛びついて試しましたが、CD・ロスレス・ハイレゾを聴き慣れている耳でも十分満足できる音質に感じました。

けも
音質は文句なしの合格点!

料金

Amazon Music HDの料金や曲数は以下の通りです。

Amazon Music HDの料金
非プライム会員プライム会員曲数音質
Prime Music不可無料約200万曲SD
Amazon
Music
Unlimited
980円/月780円/月
1,780円/年
6,500万曲以上SD
Amazon
Music HD
1,980円/月1,780/月
17,800/年
6,500万曲以上UltraHD
HD
SD

プライム会員(500円/月または4,900円/年)なら月額200円、年額なら2,000円もおトクに加入できます。

CDアルバムが1枚3,000円、ハイレゾ版をダウンロード購入すると4,000円くらいかかると考えると、月額1,780円で聴き放題は破格ですね。

毎月CD代に1万円以上使っていた頃もあったなぁ…!

けも

クーバ

音楽ファンには良い時代になったね〜

\30日間 無料体験/
Amazon music HDを試す

Amazon Music HD の使用感

Amazon Music HDのPC/スマホアプリの使用感音質をレビューします。

PC/スマホともに通常のAmazon Musicアプリで再生できますが、管理画面が少しだけ違うので解説します。

PC用アプリ(Windows/Mac)

PC版はMacアプリを例に解説します。

管理画面はほとんど同じですが、「UltraHD」関連のプレイリストが多数表示され、再生すると曲名の右にマークが出現します。Amazon Music HD HDボタン

 

ボタンをクリックすると音質の詳細が確認できます。

Amazon Music HD PC 音質確認

  • 音質 配信されている楽曲の音質
  • 端末の性能 PCやDACの性能
  • 現在 いま実際に再生されている音質
けも
ネットの速度で音質が変わるよ!

スマホ用アプリ(iPhone/Android)

スマホ版はiPhone版を例に解説します。

起動画面では「HD」の文字が出現。

Amazon Music HD iPhone 起動画面

 

再生すると「Ultra HD」の文字が出ます。

Amazon Music HD iPhone HDボタン

 

ボタンを押し音質の詳細を確認。

Amazon Music HD 音質確認

  • 楽曲の最大音質
  • 端末の性能
  • 再生中の音質

が表示されます。

ちなみに上の画像の例はiPhoneのみで再生した場合で、24bit/96kHzが24bit/48kHzにダウンコンバートされています。

けも
対応のポータブルヘッドホンアンプを繋ぐとフルスペックで聴けるよ!

\30日間 無料体験/
Amazon music HDを試す

Amazon Music HD の聴き方・対応機器

Amazon Music HDを聴くのに必要な端末を紹介します。

MEMO
Bluetoothでもハイレゾ相当をうたうaptX HDやLDACというコーデックがありますが、せっかくの高音質を再圧縮してしまうのと、送信・受信共に対応している必要があるため本記事では除外します。

DAP

Amazon Music HDを聴く端末のイチオシはAndroidOS搭載のDAP(Digital Audio Player)です。

Android DAP Amazon Music HD
▲対応DAPならAmazon Music HDの最高音質をフルに楽しめます

後述するSONYもそうですが、Android搭載DAPの場合、OSの制約で外部アプリの音質が下がってしまうことが多いようです。

音質ダウンを回避し、Amazon Music HDのUltraHDをフルに楽しめるモデルを以下にまとめました。

Shanling M6
M6
Hiby R5
R5
Hiby R6Pro
R6 Pro
cayin N6ii
N6 ii
iBasso Audio DX160
DX160
メーカーShanlingHibyHibyCayiniBasso Audio
内蔵メモリ32GB16GB32GB64GB32GB
microSD
OSAndroid 7.1Android 8.1Android 8.1Custom Android 8.1Android 8.1
再生時間12時間18時間12時間14時間13時間
出力端子3.5mm/4.4mm/2.5mm3.5mm/4.4mm3.5mm/4,4mm3.5mm/4.4mm/3.5mm LINE3.5mm/4.4mm
BluetoothBluetooth 4.2Bluetooth 4.2Bluetooth 4.0Bluetooth 4.2Bluetooth 5.0
Bluetoothコーデック(送信)SBC/aptX/aptX HD/LDACaptX/aptX HD/LDACaptX/aptX HD/LDACSBC/aptX/LDAC/AACaptX/LDAC

 

FiiOのDAPも検討したのですが、Amazon Music HDに対応しているものの設定が面倒みたいなので、今後のアップデートに期待ですね。

本命と思われたSONYのネットワークウォークマン「NW-A100シリーズ」や「ZX-500シリーズ」はAndroid搭載ですが、OSの制約で音質がSDにダウンコンバートされてしまうみたい。

アップデートで対応するという噂もありますが、噂のためいつになるかわかりません…。

けも
Shanling「M6」を買ったけど、アプリも問題なく動いたよ!

Shanling M6 レビュー 【Shanling M6 レビュー】バランス接続でAmazon Music HDが聴ける!全部入り高音質DAP HiBy R5 【HiBy Music R5 レビュー】ストリーミングも楽しめる!バランス端子搭載ハイコスパDAP

iPhone / Android

iPhone / Androidスマホで聴く場合は、ポータブルヘッドフォンアンプを使うのがお手軽。

1万円代で導入でき、パソコンでも使用できるFiiOの「Q1 MarkⅡ」がおすすめです。

FiiO Q1 mark2

スマホ大のサイズながら、Amazon Music HDの24bit / 192kHzサウンドをフルに楽しめるハイスペック仕様。

初めてのヘッドホンアンプにおすすめの一品。

けも
バランス接続にも対応してるよ!

Windows / Mac

パソコンで聴く場合は、据え置き型DACを使うのがおすすめです。

ヘッドホン/イヤホンメインで手軽に使うならFiiOの「K3」がおすすめ。

FiiO K3

1万円代前半で2.5mmバランス出力を備え、BASSスイッチとGAIN切り替えができるシンプルな構成。

けも
机の上でも場所を取らないのが良いね!

 

イヤホンも大型ヘッドフォンも使うのあれば、ifi Audioの「nano iDSD Black Label」がおすすめ。

nano iDSD Black Label レビュー

iPhone / Androidでも使えますが、ちょっと厚みがあるので据置として紹介。

片手で握れるサイズながら本格サウンドを奏でるDAC/アンプで、2つのヘッドホンアウトで小型イヤホン/大型ヘッドフォンまでしっかり鳴らし切ります。

けも
この大きさでもサウンドはホンモノ!
nano iDSD Black Labelのレビューはコチラ
nano iDSD Black Label レビュー 【nano iDSD Black Labelレビュー】ハイレゾを高音質に楽しめるポータブルDAC/ヘッドホンアンプ

 

大型ヘッドフォンを鳴らすなら、DENONの「DA-310USB-SP」がおすすめ。

DSDフォーマットに対応しているのでAmazon Music HD以外のハイレゾファイルも幅広く再生可能。

少し大きいですが、縦置きでスペース確保すれば本格サウンドをデスクトップで味わえます。

けも
デジタル入力に特化、シンプルなデザインも魅力的!

Amazon Echo

Amazon Music HDはAmazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズでも再生可能。

Echo Studio
Echo Studio
Echo Plus
Echo Plus
Echo
Echo
Echo Dot
Echo Dot
Echo Dot with clock
Echo Dot
with clock
Ultra HD
HD
3D

最上位の「Echo Studio」 ではUltraHDや3Dオーディオの再生をサポート、それ以外のEchoではHDの再生に対応しています。

私は「Echo Dot」を2つ買い、ステレオ再生で楽しんでします。

Echo Dot 第3世代 レビュー ステレオペア

本格スピーカーには負けますが、コンセントがあればどこにでも設置できるので、気軽に音楽を楽しむのに最適です。

ちなみにEchoシリーズはBluetoothではなくWi-Fi経由で音楽を鳴らすので、音質の劣化がないのが特徴。

Echo Dotのレビュー記事はコチラ
Echo Dot 第3世代 レビュー ステレオペア 【Amazon Echo Dot(第3世代)レビュー】音楽用ならステレオペアで劇的に音質アップ!

\30日間 無料体験/
Amazon music HDを試す

Amazon Music HD のレビューまとめ

本記事は「【音質革命】Amazon Music HDを聴くには?料金・対応機器・音質をレビュー!」について書きました。

ついにやってきた国内版高音質ストリーミング「Amazon music HD」。

洋楽もJ-POPも高音質で楽しみたい派としては待ちに待ったサービスでした。

実際の使用感も問題なく、音質も期待以上の仕上がりなので継続して使おうと思います。

アプリの使用感はSpotifyやAppleMusicの方が好みですが、それを上回る音質の良さが他にはないメリット。

けも
聴き放題で音も良い、最強の音楽サブスクだね!

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

\30日間 無料体験/
Amazon music HDを試す
▶︎ハイレゾについてはこちら
ハイレゾとは? 【今さら聞けない】ぶっちゃけハイレゾってどうなの?仕組みやCDとの違いを解説!
Amazon Music HD
CDを超える高音質で音楽が聴き放題!
最大24bit/192kHz
年間契約で更におトク
公式をチェック  もっと詳しく
Amazon 現金チャージ
Amazonギフトの現金チャージで 1,000円分のポイントがもらえる!
チャージ金額に応じて更にポイント付与
プライム会員なら最大2.5%ポイント還元
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です