【アラジン トースターCAT-GS13B レビュー】外はカリッ、中はモチっと美味しいトーストを

アラジン トースターCAT-GS13B

どうも、モーニング大好き、けも(@namakemonolog9)です。

けも
お店で出るような美味しいトーストが食べたい!

そんな方にオススメなのがアラジンのグラファイトトースター「CAT-GS13B」です。

アラジン トースターCAT-GS13B

けも
レトロなデザインがカッコイイ!

「アラジン」は1930年代にイギリスで設立され、青い炎がシンボルの「ブルーフレームヒーター」で有名な老舗企業です。

アラジンの製品はデザインが優れているだけでなく、独自の技術を使った機能も特徴のひとつで、本記事で紹介するトースターは特許技術「遠赤グラファイト」を搭載。

短時間で高温で焼き上げることで、外はカリッと、中はモチっとした美味しいパンが焼けます。

アラジン トースターCAT-GS13B
▲わずか0.2秒で発熱!

けも
温まるのはやすぎっ!!

それではアラジンのトースター「CAT-GS13B」の外観や付属品、実際にパンを焼いて食べた感想をご紹介します。

というわけで本記事は「【アラジン トースターCAT-GS13B レビュー】外はカリッ、中はモチっと美味しいトーストを」について書いていきます。

アラジン トースターCAT-GS13Bの外観と付属品

まずはアラジン トースターCAT-GS13Bの外観と付属品をチェック。

外観

アラジン トースターCAT-GS13B
▲正面から。レトロかつシンプルなデザインですね。

アラジン トースターCAT-GS13B
▲パンくずトレイは簡単に引き出せます。

アラジン トースターCAT-GS13B
▲付属のグリルパンを使えば330℃の高温調理もできます。

アラジン トースターCAT-GS13B
▲大きくて使いやすい温度調節ツマミ。トーストは280℃で焼き上げます。

アラジン トースターCAT-GS13B
▲タイマーツマミ。

アラジン トースターCAT-GS13B
▲本体側面に調理時間の目安が書いてあり、地味に便利ですね。

注意
排熱のため、本体の横にはものを置かないで下さい。

付属品

アラジン トースターCAT-GS13B 網
▲トースト用の焼き網。

アラジン トースターCAT-GS13B グリル
▲グリルパン。焼き野菜や魚の高温調理もでき、料理の幅がグンと広がります。

けも
グリルパンを使えばオーブン調理もできちゃいます!

アラジン トースターCAT-GS13Bでパンをトースト

アラジン トースターCAT-GS13Bで実際にパンを焼いてみます。

アラジン トースターCAT-GS13B
▲今回は冷凍パンを使いました。

アラジン トースターCAT-GS13B
▲温かみのあるオレンジで雰囲気も良いですね。

アラジン トースターCAT-GS13B
▲約2分ほどで焼きあがりました。

アラジン トースターCAT-GS13B
▲お好みでもう少し焼いても良さそうです。

アラジン トースターCAT-GS13B
▲評判通り、外はカリッと中はモチモチで美味しくいただきました。

けも
うまっ!喫茶店でモーニングを食べてる気分!

追記:2019年8月9日 トマトタルトを作りました。

アラジン トースター

パイ生地にチーズ、トマトを載せアラジンで10分ほど焼きます。

アラジン トースター

ちょっと焦がしちゃいましたがサクサクで美味しかったですよ!

 

2019年8月14日追記 焼き野菜

アラジン トースター 焼き野菜

アラジン トースターCAT-GS13Bレビュー まとめ

本記事は「【アラジン トースターCAT-GS13B レビュー】外はカリッ、中はモチっと美味しいトーストを」について書きました。

家電量販店のトースターコーナーを見ると色々な商品があって迷ってしまいます。

アラジンのトースターはレトロなデザインと、トースターで一番大事な美味しく焼けることに特化した製品で、選択肢の一つとして有力かと思います。

デジタル表示やワンタッチ調理ボタンはありませんが、シンプルな使い心地や、グリルパンを使った高温調理もできて便利なトースターですので、気になる方はぜひ試してみてください。

アラジン トースターCAT-GS13B
0.2秒で発熱する機能は何度やっても感動モノですよ!

けも
お読みいただきありがとうございます、けも(@namakemonolog9)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です