Amazon Music HDの魅力

【Ikko Arc ITB05 レビュー】ガチ勢歓喜!バランス出力ネックバンド型Bluetoothレシーバー【MMCX/2PIN】

Arc ITB05

けも
この記事は
Ikkoのネックバンド型Bluetoothレシーバー「Arc ITB05」をレビューしています。

有線イヤホンをワイヤレスで楽しむなら、Bluetoothレシーバー(ポタアン)が第一候補に上がります。

クーバ

でもちょっと本体が邪魔なんだよね~
それならネックバンド型もいいんじゃない?

けも

そんなわけでIkkoアイコーのネックバンド型Bluetoothレシーバー「Arc ITB05」を購入しましたのでレビューします。

Arc ITB05 パッケージ

どんな製品?

  • MMCX/2PINイヤホンを無線化できるネックバンド型Bluetoothレシーバー
  • DACを左右独立搭載したフルバランス仕様
  • aptX HDにも対応し、ハイレゾ音源の劣化も少ない

イヤホンを高音質にワイヤレス化したい人にうってつけのアイテムです。

けも
有線級」はダテじゃない、ガチな高音質レシーバー!

というわけで本記事は「Ikko Arc ITB05」について書いていきます。

2pinはコチラ
この記事の著者
けも

ポタオデブロガー

けも

Kemo

プロフィール

ポータブルオーディオポタオデを愛するナマケモノ。
音大での経験をもとに「聴く楽しさ」と「オーディオの楽しさ」を広めるべく日々ブログを更新中。
詳しいプロフィール

Ikko Arc ITB05 の概要

Ikko Arc ITB05のスペック・外観・付属品について解説します。

スペック

Arc ITB05

Arc ITB05のスペック
通信方式Bluetooth®️ 5.0
Bluetooth チップセットQualcomm「QCC3034
プロファイルHSP/ HFP、A2DP、AVRCP Spp,PBAP
通信距離10m
対応コーデックSBC / AAC / aptX / aptX HD
DACチップAKM AK4377*2
​SN比120dB
THD-N0.001%
連続再生時間約9時間
充電時間約2時間
インターフェイスUSB Type-Cポート
コネクタ形状MMCX
2pin 0.78(別モデル)

サウンドの心臓部となるDACには旭化成エレクトロニクスのAK4377を左右独立のデュアル構成で搭載し、フルバランス出力を実現。

AK4377はFiiOの音楽プレーヤーM5などにも搭載される高品質なDACで、2基搭載することで駆動力や低ノイズといった面で圧倒的に有利になります。

本記事でレビューするのはMMCXタイプですが、2pinタイプモデルも併売されていますので、幅広いイヤホンを無線化可能です。

スタイリッシュな外観

この手の製品にしては珍しい革バンドガンメタルボディを採用。

Arc ITB05

 

ネックバンド右側には充電ポート操作ボタンを配置。

Arc ITB05

おもな操作方法

  • 中央→再生/停止、長押しで電源ON/OFF
  • →音量+、長押しで曲送り
  • →音量-、長押しで曲戻し
メタリック&レザーが所有欲を満たしてくれる

けも

付属品

Arc ITB05の付属品は以下の通りです。

Arc ITB05 付属品

付属品

  • 収納ポーチ
  • イヤーフック
  • 説明書(英語/中国語)
  • 充電ケーブル(USB-A to USB-C)

 

左右ケーブルをまとめられるパーツも付属していました。

Arc ITB05 ケーブル

 

イヤーフックはやや厚めのしっかりしたつくりで、単体で欲しいくらい。

Arc ITB05

けも
耳掛けイヤホンにもしっかり対応!

Ikko Arc ITB05 の使用感

Ikko Arc ITB05の使用感をレビューします。

安定した接続性能

胸ポケットにスマホを入れた状態で1時間ほど通勤電車(ほぼ満員)で使用しましたが、一切途切れること無く使えました。

途中乗り換えで人混みを歩いたときも問題なく、通信性能は非常に良いと言えます。

丁度良いケーブル長でシュア掛けも可

Arc ITB05のネックバンド部分は柔らかく装着感は良好で、首や肩が痛くなることは無かったです。

Arc ITB05

 

SONY XBA-300を接続し、問題なく使用できました。

Arc ITB05 装着感

 

続いてSHUREのSE215SPE付属のイヤーフックを使えばシュア掛け(耳掛け)もでき、タッチノイズも軽減されました。

Arc ITB05 装着感

けも
シュア掛けでも普通の装着方法でもオッケー!

クリアでパワフル、立体感も楽しめるサウンド

イヤホンはSHUREの「SE215SPE」、音源はAmazon Music HDにて試聴。

音質の特徴としてはクリアで見通しの良いクールサウンドで、左右の広がり・奥行きともに感じられるハッキリとした音です。

低音のパワーも十分で、有線級サウンドを実感。

aptX HDに対応していることでAmazon Music HD24bitのまま楽しめたのも高ポイント。

個人的にはハイエンドのBluetoothレシーバー(1万前後)や、エントリークラスのDAP(2万前後)くらいの音質は備えていると感じました。

クッキリ系サウンドが好きであれば音質でガッカリはしないでしょう。

けも
レシーバーやDAP本体がわずらわしい人には朗報だね!

▶︎Amazon Music HDの詳細はこちら
Amazon Music HD 【音質革命】Amazon Music HDの音質や対応DAP(プレイヤー)をレビュー!【対応機器】

Ikko Arc ITB05 のレビューまとめ

本記事はIkkoのネックバンド型Bluetoothレシーバー「Arc ITB05」について書きました。

こんな人におすすめ

  • イヤホンを高音質にワイヤレス化したい
  • でも3.5mmジャック(2.5mm)式のレシーバーはかさばるからイヤ
  • Bluetoothでの音源劣化を防ぎたい

フルバランス出力aptX HDの採用など、音質面で妥協のないArc ITB05

連続再生時間が9時間とバッテリーは少し頼りないですが、デュアルDACによるハイパワーサウンドとトレードオフということでしょう。

ネックバンド型の手軽さで圧倒的高音質を手に入れられる、ニッチながら刺さる人には「コレだ!」と思える攻めた商品でした。

けも
MMCX/2pinイヤホンを高音質ワイヤレスにするなら、最有力機種!

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

Amazon Music HD
CDを超える高音質で音楽が聴き放題!
最大24bit/192kHz
年間契約で更におトク
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です