Amazon Music HDの魅力

【TaoTronics SoundLiberty 77 レビュー】途切れにくくて高音質!新世代の完全ワイヤレスイヤホン

SoundLiberty77

けも
この記事は
TaoTronicsの完全ワイヤレスイヤホン「SoundLiberty 77」をレビュー。外観、スペック、装着感や音質について解説しています。

少し前の完全ワイヤレスイヤホンといえば

      • 途切れやすい
      • 音質が悪い
      • デリケート

と、なかなか満足いく製品が少なかった印象。

クーバ

最近は良くなってきてるってホント?
もちろん!おまけに価格もお手頃になってきてるよ!

けも

そんな新世代の完全ワイヤレスイヤホン代表がTaoTronicsタオトロニクスの「SoundLiberty 77」です。

SoundLiberty77 外観

TaoTronics「SoundLiberty 77」は

  • 左右同時伝送で途切れにくい
  • ハイブリッド素材採用の高音質ドライバー
  • IPX7の防水性能

1万円以下ながら高性能・高音質な完全ワイヤレスイヤホンです。

けも
コンパクトで持ち歩きにも便利!

というわけで本記事は「【TaoTronics SoundLiberty 77 レビュー】途切れにくくて高音質!新世代の完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

MEMO
本記事はメーカー様より商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
けも

ポタオデブロガー

けも

Kemo

プロフィール

ポータブルオーディオポタオデを愛するナマケモノ。
音大での経験をもとに「聴く楽しさ」と「オーディオの楽しさ」を広めるべく日々ブログを更新中。
詳しいプロフィール

SoundLiberty 77 のスペック・外観・付属品

TaoTronicsのSoundLiberty 77のスペック、外観、付属品について解説します。

SoundLiberty77

MEMO
TaoTronics(タオトロニクス)は2008年アメリカ発祥のオーディオ・家電ブランドで、日本を含むアジア、ヨーロッパなどグローバルに展開。リーズナブルかつ高い品質で高評価を得ています。

スペック

SoundLiberty 77のおもなスペックは以下のとおり。

通信方式Bluetooth®️ 5.0
対応コーデックSBC / AAC
防水性能IPX7(イヤホン本体)
連続再生時間イヤホン単体5時間 / ケース込み20時間
充電時間1.5~2時間
ケース充電端子USB Micro-B
重量約44g
操作タッチセンサー式
ドライバーユニット6mm PEEK+PU製 ハイブリッド仕様 ダイナミック型ドライバー

イヤホンとしての基本性能を満たしているうえ、IPX7の防水性能(30分1m浸水)で雨や汗はへっちゃら。

また、左右同時伝送技術「MCSync」を採用し、接続性能が大幅に向上。

けも
iOS/Androidどちらでも、スマホに依存せず対応してるのがスゴイ!

外観

SoundLiberty 77は充電ケース前面のLEDで電池残量を確認できます。

SoundLiberty77 LED

 

充電は背面のUSB Micro-Bポートから行い、1.5~2時間で完了します。

SoundLiberty77 充電端子

 

イヤホンとの接点部分にはマグネットを内蔵し、ピタッと吸い付くように収納できます。

SoundLiberty77 マグネット

 

イヤホンのハウジング部分はタッチセンサーになっており、再生/停止を含め様々な操作が可能。

SoundLiberty77 タッチセンサー

 

裏面にはR/Lの印字があるので容易に見分けが付きます。

SoundLiberty77 充電端子

 

耳に収まる部分はカーブを帯びた形状で、密閉感をアップ。

SoundLiberty77 イヤホン形状

 

充電ケース含めても50gを切る軽さで、持ち運びにも困りません。

SoundLiberty77 重さ

 

イヤホン本体も片耳約5gと、非常に軽量。

SoundLiberty77 イヤホン重量

けも
カバンの隙間にも入れやすい!

付属品

SoundLiberty77の付属品は以下の通り。

SoundLiberty77 付属品

付属品

  • 充電ケース
  • イヤーピース(S/M/L)
  • USB Micro-B充電ケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 取扱説明書
けも
クイックスタートガイドですぐに使い始められる!
MEMO
充電器は付属しません

SoundLiberty 77 の操作方法

TaoTronics「SoundLiberty 77」の操作方法について解説します。

ペアリング方法は以下の通り簡単で、1度ペアリングすれば2回目以降は自動で接続されます。

ペアリング方法

  • イヤホンをケースから取り出す(青白交互点滅)
  • 接続機器のBluetooth設定画面から「TAOTRONICS SoundLiberty 77」 を選ぶ
  • ペアリング完了!

 

SoundLiberty 77搭載のタッチセンサーでのおもな操作方法は以下の通りです。

操作一覧

LR
音楽
再生/一時停止2回タップ
音量を上げる1回タップ
音量を下げる1回タップ
曲戻し3回タップ 
曲送り3回タップ
通話
受話1回タップ
電話を切る2回タップ
通話拒否2秒長押し

タッチセンサーで煩わしいのが、ちょっと触れただけで反応してしまうことですが、使ってみた感じ誤タップは少なく快適に使えました。

けも
基本操作を覚えてしまえば快適に使える!

SoundLiberty 77 の装着感・音質

TaoTronics「SoundLiberty 77」の装着感と音質についてレビューします。

装着感

SoundLiberty 77の装着感は、イヤーピースが合えば軽くて快適という感じ。

SoundLiberty77 装着感

というのも、渡しの場合ほとんどのイヤホンはM~Lサイズでフィットするのですが、SoundLiberty 77付属のイヤーピースはLでも少し小さめに感じました。

フィット感はまぁまぁといったところだったので、手持ちの一回り大きなイヤーピース(他社製L)を装着するとベストフィット。

私のように普段M~Lを使ってる人はもしかしたら付属イヤーピースでは合わないかもしれないと感じました。

けも
イヤピのサイズが合えば軽くて快適!

音質

SoundLiberty 77の音質をiPhoneと接続してチェックしました。

ハイブリッド素材採用のドライバー」ということで期待大。

SoundLiberty 77 音質

曲は小沢健二の「ホテルと嵐」をチョイスしました。

ちょっと聴いて感じた良さは音場の広さですね。

ピアノは近くに、管楽器は少し離れたところにと、明確な奥行き感を感じられます。

ウッドベースの弦がビビる表現もリアルで迫力ありますし、高音域も華やか。

パッと聴いてすぐに「良い音」と感じました。

まとめ
解像感が良いが決して刺さる帯域もなくバランス良好。立体感も感じられ、この価格帯ではかなり高音質なイヤホンだと思います。

SoundLiberty 77の音質評価
低音
(4.0)
中音
(3.5)
高音
(4.0)
総合評価
(4.0)
けも
低音の迫力と自然な音場が魅力!

SoundLiberty 77 のまとめ

本記事は「【TaoTronics SoundLiberty 77 レビュー】途切れにくくて高音質!新世代の完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

TaoTronics「SoundLiberty 77」をざっくりまとめると

良いところ
  • ハイブリッド素材採用で高音質
  • MCSyncで途切れにくい
  • IPX7の防水性能
気になるところ
  • フィットの難しさ
  • バッテリー持ち

コンパクトで防水性能も高いイヤホンで、基本性能は申し分ありません。

付属のイヤーピースが自分には合わなかったのでフィットさせるのにちょっと苦労しましたが、フィットすれば音質も良く満足できる製品でした。

けも
思わず音楽に没入してしまうサウンドが◎

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

Amazon Music HD
CDを超える高音質で音楽が聴き放題!
最大24bit/192kHz
年間契約で更におトク
公式をチェック  もっと詳しく
Amazon 現金チャージ
Amazonギフトの現金チャージで 1,000円分のポイントがもらえる!
チャージ金額に応じて更にポイント付与
プライム会員なら最大2.5%ポイント還元
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です