Amazonで 1,000P もらえるキャンペーン

【オーディオテクニカ ATH-CM707レビュー】耳を塞がないオープンエアーイヤホン

ATH-CM707 レビュー

どうも、イヤホン大好き・けも(@namakemonolog9)です。

インナーイヤーイヤホンには「密閉型(カナル)」と「開放型(オープン)」の2種類あり、「けもログ」では、密閉型をメインに紹介してきました。

開放型は遮音性こそ低いものの、シンプルな構造なため安価でも高音質なイヤホンを製造可能です。

けも
たまには違ったタイプのイヤホンで音楽を楽しみたい!

そこでオススメなのがオーディオテクニカの「ATH-CM707」です。

ATH-CM707 レビュー

オーディオテクニカのATH-CM707

  • 5千円台で買える高音質イヤホン
  • 周りの音が聞こえて外でも安全
  • 閉塞感や側圧から解放されストレスフリー
けも
密閉型の耳をふさぐ感覚が苦手な方にもオススメのイヤホンです!

というわけで本記事は「【オーディオテクニカ ATH-CM707レビュー】耳を塞がないオープンエアーイヤホン」について書いていきます。

オーディオテクニカ ATH-CM707の外観と付属品

オーディオテクニカ ATH-CM707の外観と付属品をチェックします。

外観

ATH-CM707
▲高級感のあるロゴ。本体ケーブル長は0.6mの為、スマホやDAPは胸ポケに入れると丁度良い。

ATH-CM707 R
▲右側。ドライバー部分に「R」の印字がある。

ATH-CM707 L
▲左側のみコードに小さな突起が有り、さわるだけで左右の判別ができる。

重さ

ATH-CM707 重さ
▲ケーブル含めて13gと軽量。本体は6g。

付属品

ATH-CM707の付属品

  • 0.6m延長ケーブル(L型)
  • イヤパッド
  • 持ち運び用ポーチ

本体のケーブルが0.6mと短めなので、延長ケーブルを使う機会が多いですね。

Sponsored Links

オーディオテクニカ ATH-CM707の装着感と音質

オーディオテクニカ ATH-CM707の装着感と音質をチェック。

装着感

ATH-CM707 装着感
▲オープンタイプにしてはフィット感が良く、ズレにくい。人によってはイヤパッドをつけた方が良いかも。

音質

新開発の大型15.4mmドライバーを採用、中高域の解像度が良くピアノやバイオリンの音が気持ち良い。オープンタイプが苦手とする低音域もそれほど弱くなく、聴き疲れしにくいサウンド

そしてイヤパッドの有無で大きく音が変わります。

イヤパッドを付けると低音が強調されるが中高音がこもり、イヤパッドを外すと中高音は良いが低音が弱い。両方のいいとこ取りできる方法はないかな?と試行錯誤して▼のように。

ATH-CM707 イヤパッド
▲イヤパッド中央をハサミでカット。

これで、太い低音と解像度の良い中高音を両立できました!

けも
イヤパッド中央に穴をあけて音質のいいとこ取り!
Sponsored Links

オーディオテクニカ ATH-CM707のレビューまとめ

本記事は「【オーディオテクニカ ATH-CM707レビュー】耳を塞がないオープンエアーイヤホン」について書きました。

オーディオテクニカ「ATH-CM707」は一万円以下ながら高音質なオープンエアータイプのイヤホン。

解像度の高い中高音域と、引き締まった低音域は、長時間聴いていても疲れないサウンドです。

遮音性や音漏れの点ではカナル型に劣りますが、オープン型ならではの開放感あるサウンドは新鮮で、いつもの音楽を違った角度から楽しめます。

周囲の音もシャットアウトしないので、ながら聴きでも良い音で楽しみたい人にオススメのイヤホン

けも
EarPodsからのグレードアップにもオススメ!オンープンタイプのロングセラーイヤホンです!

お読みいただきありがとうございます、けも(@namakemonolog9)でした。

 

Amazon 現金チャージ
Amazonギフトの現金チャージで 1,000円分のポイントがもらえる!
チャージ金額に応じて更にポイント付与
プライム会員なら最大2.5%ポイント還元
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です