Amazon Music HDの魅力

【SONY NW-A105レビュー】ストリーミングも高音質な新型ウォークマン【NW-A100/NW-A106/NW-A107】

SONY NW-A105

評価:4

けも
この記事は
SONYのネットワークウォークマン「NW-A105」をレビューしています。

スマホよりも高音質なサウンドが楽しめる音楽専用機、DAP(Digital Audio Player)。

CDからリッピングしたり、配信サイトで曲ごとにダウンロード購入する必要がありました。

クーバ

でも今どきはスマホで聴き放題が主流だよね?
聴き放題に対応したDAPも出てきたんだな!

けも

SONYのストリーミングウォークマン「NW-A105」です。

SONY NW-A105

SONY「NW-A105」は

  • Android搭載で聴き放題アプリに対応
  • フルデジタルアンプで高音質
  • 音質調整機能で好みのサウンドに!

DAPとスマホを融合した、次世代音楽プレーヤーです。

けも
本格サウンドで聴き放題できちゃう!

というわけで本記事は「SONYのNW-A105」について書いていきます。

▶︎おすすめDAPまとめはこちら
【おすすめハイレゾDAP12選】ハイコスパモデル~フラッグシップまで厳選して紹介!

SONY NW-A105 の外観と付属品

NW-A105の外観と付属品を解説します。

SONY NW-A105

NW-A105のスペック
型番NW-A105
OSAndroid 9.0
内蔵ストレージ16GB(32GB/64GBモデルもあり)
ディスプレイ3.6型 HD(1280×720)
WiFi2.4G / 5G
BluetoothBluetooth ver5.0
対応コーデック(送信)SBC / AAC / aptX / aptX HD / LDAC
インターフェイスUSB Type-Cポート
連続再生時間MP3 128kbps 約26時間
DFLAC 192kHz/24bit 約11時間

NW-A50シリーズとの大きな違いは、Android OS採用とWiFi機能の追加、BluetoothレシーバーとUSB-DAC機能の削除です。

外観

NW-A105の外観をチェックします。

本体はコンパクトで、iPhoneSEと比べても特に縦に短いことがわかります。

SONY NW-A105 iPhoneSEサイズ比較

 

側面には多数の物理ボタンを備え、画面に触れずに操作が可能。

SONY NW-A105 ボタン

「音量+」と「再生/停止」ボタンには小さな突起があり、ノールックでコントロールできます。

 

下部には各種端子を配置。

SONY NW-A105 端子

左から3.5mmステレオミニストラップホールUSB-C充電/転送端子microSDスロットです。

 

microSDスロットのカバーはピン無しで開閉できます。

SONY NW-A105 microSD

microSDに関しては「認識されない」などの口コミがあったので検証したところ、音楽ファイルの再生は問題なかったですが、Amazon Musicの保存先としては認識されたりされなかったりと不安定でした。

 

背面の質感は高級感があり、コンパクトながら所有欲を満たしてくれます。

SONY NW-A105 背面

 

重さは約100gと、スマホより軽量。

SONY NW-A105 重さ

 

別売りの純正カバーを取り付けてみました。

SONY NW-A105 ケース

 

手帳型で、閉じるとこんな感じ。

SONY NW-A105 純正ケース

けも
少し厚みが増すけどしっかり保護してくれる!

付属品

NW-A105の付属品は以下の通り。

NW-A105 付属品

付属品

  • ウォークマン本体
  • (USB-A – USB-Cケーブル
  • USB-C端子キャップ
  • 取扱説明書
  • 使用上のご注意/主な仕様
  • 保証書
  • 製品のサポート登録のおすすめ
けも
USB-Cになって汎用性アップ!

SONY NW-A105 の使用感

NW-A105の使用感をレビュー。

快適な操作性

本体には物理ボタンを備えており、再生/停止など一通りの操作が可能。

SONY NW-A105 ボタン

けも
ポッケに入れたまま操作できちゃう!

 

またAndroid採用のホーム画面もスマホライクで操作は快適。

SONY NW-A105

 

ホーム画面もスマホっぽいので、すぐ慣れました。

NW-A105 ホーム画面

 

ストレージ内の音楽再生アプリはNW-A50シリーズを踏襲しています。

NW-A105 操作

前シリーズ同様、五十音や文字での検索が出来ないのは残念ですが、動きはサクサク。

けも
スマホ感覚で操作もラクラク!

サードパーティアプリもそこそこ動く

Amazon Musicなどのアプリも問題なく動作。

アップデートでAmazon Music HDにもフル対応し、アンプのおかげで高音質に楽しめます。

NW-A105 Amazon Music HD

 

Spotifyも高音質で楽しめます。

NW-A105 Spotify

Spotifyの場合はDSEE HXとイコライザー併用で結構良い感じのサウンドに仕上げられました。

バッテリー

Android採用により不満が出たバッテリー問題を検証してみました。

24bit / 96kHzのFLACを音質調整機能オフ、音量5030分再生したところ

  • 本体内ファイル再生→約4%消費
  • Amazon Music HDでストリーミング再生→約7%消費

でしたので、単純に計算すると

  • 本体内ハイレゾ→約12.5時間
  • ハイレゾストリーミング→約7時間

再生可能と、公称値より4割減くらいでしょうか。

確かにNW-A50シリーズと比べると短いですが、Android搭載DAPとしては並みの数値なので、ストリーミングを使いたいなら割り切るしかなさそうです。

個人的にはこまめに充電したりモバイルバッテリーを持ち出せば解決できる問題なので、そこまで気になりませんでした。

けも
充電頻度もスマホ感覚で!

SONY NW-A105 の音質と調節機能

NW-A105の音質と音質調節機能について。

ウォークマンならではの高音質

NW-A105の音質をレビュー。

他の多くのDAPと違いウォークマンはフルデジタルアンプ採用による高音質を謳っています。

デジタル臭いと言われることもありますが、くっきり鮮明なサウンドで、音楽プレイヤーならではの高音質を味わえます。

けも
iPhoneなどのスマホより断然高音質!

 

生演奏のニュアンスを堪能できるこちらの曲を。


「裸足の季節」松田聖子

全体的にクリアで迫力のある音質で、カッティングギターのキレやストリングスの華やかさが際立ちます。

「おぉっ!」と思ったのは間奏パートで、ベースとドラムスが絡み合うグルーヴ・躍動感に思わず唸りました。

松田聖子の高音の伸びも艷やかで、音楽に没頭できるサウンドを楽しめました。

ミドル~ハイエンドの音楽プレーヤーには立体感やヌケの良さで遠く及ばないものの、エントリークラスとしては十分高音質。

スマホからのステップアップとして自身を持っておすすめできます。

けも
入門にして完成形!ハイレゾサウンドを味わえるよ!

遊べる音質調節機能

NW-A105の音質調整機能は基本オフにしてますが、「遊びならアリ」って感じなので紹介します。

音質調節機能

  • イコライザー
  • DSEE HX
  • DCフェーズリニアライザー
  • バイナルプロセッサー
  • ダイナミックノーマライザ
  • クリアオーディオプラス
それぞれ詳しく見ていくよ!

けも

イコライザー

イコライザーは周波数帯域ごとに音を調節できる機能。

NW-A105 イコライザー

イヤホンやヘッドホン、曲に合わせて自分の好みのサウンドに仕上げられます。

弱点を補う感じで±2くらいの間で味付け程度に調整するのがおすすめ。

DSEE HX

SONY自慢の圧縮音源やCD音源をハイレゾ並みの音質にアップする機能。

NW-A105 DSEE HX

イメージとしては、DVDを4Kにアップコンバートする感じですが、私としてはCD音源以上には要らないと思ってます。

圧縮音源だと華やかになり広がりを感じますが、元がCD音質以上だと定位がブレて音がぼやける印象を受けました。

DCフェーズリニアライザー

デジタルアンプでありながら「アナログアンプのような十分な低音感を得られる」機能。

NW-A105 DCフェーズリニアライザー

言われてみれば低音がパワフルかな?」と感じる程度。

バイナルプロセッサー

レコードのような音響特性を再現したそうですが、正直全然わかりません

NW-A105 バイナルプロセッサー

聴き比べで正解できる人いないのでは…?

ダイナミックノーマライザ

曲ごと・曲中の音量の差を少なくする機能。

NW-A105 ダイナミックノーマライザ

音量小さいと思ってたらいきなり大きくなってビックリ!みたいな事故を避けられますが、ダイナミックレンジ(強弱の幅)は少なくなるので、音質的には不利。

電車内で音量差の大きい音楽(クラシックなど)を聴くときには有効かと思います。

クリアオーディオプラス

他の機能とは異なり単独で機能するモードで、細かい設定無しで高音質化できます。

NW-A105 ClearAudio+

効果はドンシャリ+疑似サラウンドって感じのわざとらし~い味付けサウンドになります。

ラジオやドラマCDを聴く分には臨場感がアップして良いですが、純粋な音楽鑑賞には向いてないかと。

何故かビートルズの音源にはハマるので一度お試しください。

SONY NW-A105 のレビューまとめ

本記事は「SONYのNW-A105」について書きました。

NW-A105」をざっくりまとめると

良いところ
  • 安定のウォークマンサウンド
  • 音質調節機能で遊べる
  • コンパクトで持ち運びやすい
気になるところ
  • Androidはちょいモッサリ

サブスク(聴き放題)の台頭でスマホに押され気味だったDAPでしたが、Androidを搭載することで利便性をアップ。

エントリーモデルながら安定のウォークマンサウンドで、スマホとの音質の違いを実感できます。

あくまで音楽プレイヤーということで、最新スマホほどのサクサク感はありませんが、実用に耐えうるレベル

コンパクトで持ち運びしやすいので、2台目以降にもおすすめの一台です。

けも
ポータブルオーディオ入門にもピッタリのDAPだよ!

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

▶︎おすすめDAPまとめはこちら
【おすすめハイレゾDAP12選】ハイコスパモデル~フラッグシップまで厳選して紹介!

Amazon Music HD
CDを超える高音質で音楽が聴き放題!
最大24bit/192kHz
年間契約で更におトク
公式をチェック  もっと詳しく
Amazon 現金チャージ
Amazonギフトの現金チャージで 1,000円分のポイントがもらえる!
チャージ金額に応じて更にポイント付与
プライム会員なら最大2.5%ポイント還元
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です