Amazon Music HDの魅力

【比較表つき】2020年版 おすすめのウォークマン【SONY WALKMAN】

おすすめ ウォークマン

けも
この記事は
SONYのデジタルオーディオプレーヤー「ウォークマン」シリーズを紹介。比較一覧表で自分に合ったモデルを見つけてくださいね!

中華DAP(Digital Audio Player)の台頭で盛り上がるデジタルオーディオプレーヤー市場ですが、日本の消費者として忘れてはならないのが、我らがソニーのウォークマン。

少し前はiPodと双璧をなす存在でしたが、スマホで音楽を聴くのが主流になるにつれ、次第に存在感が薄れていきました。

しかしスマホで何でもできる時代だからこそ高画質デジカメが人気になるように、音楽を聴くことに特化し進化を遂げたウォークマンがいま、見直されています。

本記事ではそんな音楽好きのためのガジェット「ウォークマン」のおすすめモデルを紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。

おすすめのウォークマン

おすすめのウォークマンをシリーズ別にまとめました。

NW-A100NW-A50NW-ZX500NW-ZX300NW-S310NW-WM1ZNW-WM1A
価格相場3万前後2万前後8万前後5万前後1万前半30万前後12万前後
最大連続再生時間26時間45時間20時間30時間52時間33時間33時間
高音質技術S-Master HX
DSEE HX
S-Master HX
DSEE HX
S-Master HX
DSEE HX
S-Master HX
DSEE HX
S-Master HX
DSEE HX
S-Master HX
DSEE HX
バランス接続4.4mm4.4mm4.4mm4.4mm
Bluetooth送信送信
受信
送信送信
受信
送信送信
受信
送信
受信
USB-DAC
Android OS
けも
製品名タップで詳細にジャンプするよ!

Aシリーズ NW-A105

SONY NW-A105です。

SONY NW-A105

特徴

  • Android搭載でサブスクも高音質で楽しめる
  • microSDで容量拡張
  • DSEE HXで圧縮音源もハイレゾ相当の高音質に

Android搭載の音楽プレーヤーの中でも比較的安く手に入る、入門におすすめのモデル。

SpotifyやApple Music、Amazon Music HDなどのサブスクの他、radikoやYoutubeも高音質で楽しめます。

けも
本体もコンパクトで使いやすい!
▶︎NW-A105の詳細はこちら
SONY NW-A105 【SONY NW-A105レビュー】ストリーミングも高音質な新型ウォークマン【NW-A100/NW-A106/NW-A107】

Aシリーズ NW-A55

SONY NW-A55です。

SONY NW-A55

特徴

  • DSEE HXで圧縮音源も高音質に
  • Bluetoothレシーバー機能でスマホの音源も高音質化
  • microSDで容量拡張

Androidは搭載されていませんが、Bluetoothレシーバー機能でスマホのサブスク音源などは楽しめるモデル。

連続再生時間も最大45時間と、バッテリー持ちが良いのもポイント高し。

けも
手持ちの音源を聴くことが多いならおすすめ!
▶︎NW-A55の詳細はこちら
SONY NW-A55 【SONY NW-A55 レビュー】ウォークマンで、iPhoneに戻れない高音質を

ZXシリーズ NW-ZX507

SONY NW-ZX507です。

SONY NW-ZX507

特徴

  • 4.4mmバランス出力搭載の高音質モデル
  • サクサク動くAndroid OSでサブスクも快適
  • microSDで容量拡張できる

コンパクトながら4.4mmバランス出力端子を搭載した本格派モデル。

Aシリーズと比べて解像度と立体感の点で明らかに向上を感じられる高音質なウォークマン。

けも
質感も良くなり、満足度はかなり高い!
▶︎NW-ZX507の詳細はこちら
SONY NW-ZX507 【SONY NW-ZX507 レビュー】Amazon Music HDにフル対応!コンパクトで高音質なAndroidウォークマン

NW-ZX300

SONY NW-ZX300です。

特徴

  • 4.4mmバランス出力搭載
  • Bluetoothレシーバー機能でスマホの音源も高音質に
  • USB-DAC機能でパソコンの音源も楽しめる

4.4mmバランス出力搭載の高音質モデル。

Androidは搭載されていませんが、レシーバー機能でサブスクを楽しむことは可能です。

ZX507の登場で値段が下がっているので、本体内の音源を楽しむのがメインなら狙い目の一台。

けも
サブスクを使う頻度が少ないならおすすめ!

Sシリーズ NW-S313

NW-S313です。

特徴

  • コンパクトで持ち運びやすいボディ
  • ノイズキャンセリング対応イヤホン付属で電車でも快適に
  • 語学学習に便利なABリピート機能

エントリーモデルながら専用ノイズキャンセルイヤホン付きのハイコスパウォークマンです。

筐体はコンパクトですが最大52時間の連続再生を誇る、頼れるバッテリー持ち。

FMラジオ機能付きなので、ラジオ好きにもおすすめです。

けも
スマホより高音質で、かさばらないサイズが◎
この記事の著者
けも

ポタオデブロガー

けも

Kemo

プロフィール

ポータブルオーディオポタオデを愛するナマケモノ。
音大での経験をもとに「聴く楽しさ」と「オーディオの楽しさ」を広めるべく日々ブログを更新中。
詳しいプロフィール

おすすめのハイエンドウォークマン

NW-WM1Z

SONY NW-WM1Zです。

特徴

  • 圧倒的な臨場感を演出するフラッグシップモデル
  • Bluetoothレシーバー機能でスマホの音源も高音質に
  • USB-DAC機能でパソコンとも接続可能

4.4mmバランス出力にも対応するフラッグシップウォークマン。

Android非搭載なのでサブスクは楽しめませんがBluetoothやUSBでスマホやパソコンの音源も楽しめます。

試聴したところ、解像感や立体感が秀逸でまさにそこで演奏しているかのように感じれられました。

けも
とにかく音質重視ならこれ!

NW-WM1A

NW-WM1Aです。

特徴

  • ひとつ上の音質を実現するハイエンドモデル
  • 4.4mmバランス出力搭載で繊細なサウンドを再現
  • Bluetoothレシーバー/ USB-DAC機能でスマホやパソコンの音源も高音質に

ミドルレンジとハイエンドを分ける10万円の壁を越えるウォークマン。

試聴したところ、NW-ZX507よりも解像感、奥行き感に優れ、よりなめらかなサウンドを楽しめました。

このレベルになると単にクッキリしたサウンド以上の、リアリティある音を鳴らすのが凄いですね。

けも
いつかは手に入れたいハイエンドモデル!

おすすめのウォークマン まとめ

本記事は「おすすめのウォークマン」について書きました。

音楽プレーヤーの代名詞として長い歴史を持つ「ウォークマン」。

iPodやiPhoneの登場でいっとき影が薄くなりましたが、音楽プレーヤーとして重要な「高音質」を追求することで再び脚光を浴びています。

個人的にはエントリーモデルのSシリーズでもiPodやスマホより音質の良さを実感できますのでおすすめできますし、A100シリーズであれば解像感が増すうえ、サブスクも楽しめます。

サブスクも聴きたいし、バランス接続も気になるって場合は、NW-ZX507一択で良いでしょう。

けも
中華DAPも良いけど、ウォークマンもアツいぜ!

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

▲もういちど一覧表をみる

Amazon Music HD
CDを超える高音質で音楽が聴き放題!
最大24bit/192kHz
年間契約で更におトク
公式をチェック  もっと詳しく
Amazon 現金チャージ
Amazonギフトの現金チャージで 1,000円分のポイントがもらえる!
チャージ金額に応じて更にポイント付与
プライム会員なら最大2.5%ポイント還元
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です