【SONY NW-A55 レビュー】ウォークマンで、iPhoneに戻れない高音質を

SONY NW-A55

どうも、通勤中は音楽を聴いています・けも(@namakemonolog9)です。

普段はiPhoneでAppleMusicやSpotifyなど、定額配信サービスを使って音楽を聴いていますが、何となく気になることが出てきました。

けも
昔ほど音楽を聴いて感動しなくなったような気がする!

「年を取って感度が鈍ったからだ!」と言われればそれまでなのですが…

「じゃあ鈍い感度を刺激する、いい音で聴けばいいじゃないか!

というわけで、買いました。SONYのウォークマン「NW-A55」です。

SONY NW-A55

SONY NW-A55はハイレゾ音源に対応したDAP(デジタルオーディオプレーヤー)です。

  • 高音質を実現するフルデジタルアンプ「S-Master HX」
  • MP3やCDなどの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」
  • SBCからLDACまで対応したBluetooth機能

など、音楽専用機ならではの高音質設計。

「プレーヤーで音がそんなに変わるかね?」と思っていましたが、いつもiPhoneで聴いてる曲を聴いたところ、明らかに違う!とわかる音の良さでした。

というわけで本記事は「【SONY NW-A55 レビュー】ウォークマンで、iPhoneに戻れない高音質を」について書いていきます。

NW-A55の外観・重量・付属品

まずはNW-A55の外観をチェック。

外観


▲側面の物理ボタンで基本操作が可能。カラーはムーンリットブルーを選びました。

バッテリー持続時間は最大で45時間、各種音質調整をオンにすると最大で70%ダウンの約13時間と、再生時間に幅があります。

NW-A55
▲背面。microSDスロットが有ります。

NW-A55 microSDスロット
▲microSDスロットを開いたところ。Sandiskの200GBも使えました。

iPhoneSEとNW-A55比較
▲iPhoneSEとの比較。ひとまわり小さく、気軽に持ち出せる。

けも
小さくて軽いので荷物になりません!

重量

NW-A55重量
▲microSDを挿した状態で99g

iPhoneSE重量
▲iPhoneSE+落下防止リングで125g。

けも
iPhoneより小さくて軽いので胸ポケに入れてもいい感じ!

付属品

付属品

  • 取扱説明書
  • USBケーブル(楽曲転送、充電用)

SONY NW-A55の音質と音質調整

NW-A55の音質と音質調整機能をチェック。

NW-A55メニュー
▲メインメニュー画面。スマホの様に画面タッチで直感的に操作できます。

音質

音質でスマホと差が出るか疑問でしたが、さすが音楽専用機、圧勝でした。

イヤホンはSONYのXBA-300を使い、聴き慣れた曲で聴き比べしましたが、まず無音時のノイズの少なさにびっくり。むしろ今までノイズがあったのに何で気づかなかった!?ってレベル。

音は繊細かつ立体的。ごく小さな音の輪郭もしっかり描き出し、シンバルが減衰していく空気感もありありと感じられました。

けも
聴いた瞬間、「買ってよかった…」と思える良い音でした!

音質調整機能

ウォークマンの特徴である、豊富な音質調整機能についてみていきます。

DSEE HX圧縮音源をハイレゾ相当の音質に変換してくれる機能。
全体的に華やかな印象に変わりました。常にオンにしています。

ハイレゾとは?
CDより情報量が多く高音質なデータフォーマットの総称。

DCフェーズリニアライザー低音をアナログアンプっぽい音にしてくれる機能。
「太くて芯のある低音になったかな?」と感じました。

イコライザー音域ごとに調整できるほか、プリセットも色々入ってます。
クセのあるイヤホンやヘッドホンで補正目的に少し使うと効果的。

VPT(サラウンド)サラウンド機能で、臨場感のある音質に変化。
「スタジオ」モードだとイヤホンなのに目の前にスピーカーがある感覚でリスニングできる。
「コンサートホール」モードは、オーケストラにマッチした。

ダイナミックノーマライザー曲同士の音量差を少なくしてくれる機能。
曲によって音量差が有る場合にいちいちボリューム操作をする手間が省ける。
1曲の中でも音量差が減るので、繊細な曲だと表現力が失われるデメリットも。

バイナルプロセッサーレコードのような音質にする機能。
新機能だが、効果が一番わかりにくかった。
全体的に変化し、楽器一つ一つが聴き取りやすくなった印象。

 

ClearAudio+オートで音質を変化させる機能。
ドンシャリ+サラウンドって感じの一番派手な変化を楽しめる。
何故かビートルズの音と相性が良い。

SONY NW-A55 その他の機能

Bluetoothレシーバー機能

NW-A55はBluetooth送信の他、受信にも対応しています。

Bluetooth対応コーデック

  • 送信→SBC/LDAC/aptX/aptX HD
  • 受信→SBC/LDAC/AAC

Bluetoothレシーバー機能NW-A55をBluetoothの受信機として使える機能。
前述の音質調整機能も使える為、AppleMusicやSpotifyなど定額配信の音楽も高音質で聴ける!

USB-DAC機能

USB-DACPCとUSB接続し、PCの音をNW-A55経由で聴ける機能。
Bluetooth接続より高音質でSpotifyやAppleMusicを聴け、音質調整機能も使える。
明らかな遅延が発生するので動画鑑賞には使えません。

プレイリスト

ブックマークリストプレイリストで、お気に入りの曲を管理する機能があります。
曲数が増えてくると「アルバム」「アーティスト」などの分類で曲を探すのが正直ちょっと手間です。

けも
せめて50音やイニシャルでの検索があると良かったなぁ〜!
この辺はブックマーク、プレイリストを活用してカバーしていくしか無いのでしょうね。

SONY NW-A55のレビューまとめ

本記事は「【SONY NW-A55 レビュー】ウォークマンで、iPhoneに戻れない高音質を」について書きました。

スマホからのステップアップにオススメの音楽プレーヤー「SONY NW-A55」。

音楽専用機ならではの高音質設計は、スマホとの聴き比べで一瞬でわかるほどのクオリティ。

本体の音源の他、PCやスマホの音楽をBluetoothで受信できるBluetoothレシーバー機能を使えばSpotifyやAppleMusicなど、サブスクリプションサービスの音楽も高音質で楽しめます。

イコライザーをはじめとした音質調整機能も質が高く、曲によって設定を変えたりして、好きな音楽をより楽しめます。

けも
高音質なうえ、様々なBluetoothコーデックにも対応した、多機能な音楽プレーヤーですよ!

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です