Amazon Music HDの魅力

「3つの”高”を凝縮」FiiO Q3は定番ポタアンの決定版でした【レビュー】

FiiO Q3 レビュー

評価:4.5

  • 音楽は主にスマホでストリーミングで聴く
  • ワイヤレスイヤホンの音では満足できない
  • Amazon Music HDを聴きたい
  • ストリーミングDAPは面倒くさい

といった場合に役立つのが、有線のポータブルヘッドホンアンプ、略してポタアンです。

私の場合、通勤時にiPhone12 miniとJabra Elite 75tで音楽を聴くことが多いのですが、自宅ではAndroid搭載DAPで良い音を楽しみたい…と思いつつ、起動が面倒で結局ワイヤレスイヤホンで音楽を聴くことが多かったんですね。

そこで、FiiOのポタアンQ3を買ってみました。

FiiO Q3

買ってよかった

  • iPhoneに挿せばすぐに使える
  • 3.5mm/2.5mm/4.4mmに対応
  • バスブースト、ハイゲインが使える

小さなボディに「高性能・高品質・高音質」3つの”高”が詰まったポタアンの決定版で、満足できる商品でした。

けも
iPhone12 miniよりも小さいので持ち運びもバッチリ!
というわけで本記事は「FiiO Q3」について書いていきます。
小さくても高音質!おすすめの有線ポタアン【USB-DAC】
スポンサーリンク

FiiO Q3 の外観・付属品

FiiO Q3の外観・付属品をレビューします。

持ち運びが苦にならない超小型ボディ

FiiO Q3を開封した第一印象は「思ったよりも小さい!」ということ。

FiiO Q3 レビュー

 

iPhone12 miniと並べてもひと目でわかる小ささで「これなら持ち歩いてもいいな」と思えました。

FiiO Q3 iPhone12 mini 比較

 

重量は約116gと、一般的なスマホより遥かに軽いです。

FiiO Q3 重さ

 

ちなみに小さくて軽いiPhone12 miniでも136g

iPhone 12 mini 重さ

 

厚みはややiPhone12 miniよりあるものの、薄型と言って差し支えないサイズ感。

FiiO Q3 iPhone12 mini 比較

けも
何度も言うけど、意外と小さいのよ!

豊富な付属品

FiiO Q3はiPhone以外にもAndroidスマホ・Windows・Macと接続できるため、付属品が豊富です。

FiiO Q3 付属品

FiiO Q3 付属品

  • L字型USB タイプCケーブル
  • USBタイプC-Lightningケーブル
  • 3.5mmラインケーブル
  • バインディングストラップ(大)2本
  • バインディングストラップ(小)2本
  • 滑り止めパッド
  • キャリングポーチ

一通り揃ってるので、買い足すものがないのは安心です。

FiiO Q3の取扱説明書

FiiO Q3には、取扱説明書が付属。さまざまな言語に対応しています。

FiiO Q3 説明書

 

説明書を読めば、各部名称や使い方はわかるのですが「フィルター」などについては詳細説明がなく、よくわからなかったですね。

FiiO Q3 説明書

けも
USB-Cに表裏の区別があるのは知らなかった!

FiiO Q3 レビュー

FiiO Q3 の基本的な使い方の解説とレビューをします。

使い方

FiiO Q3の使い方は、使いたいデバイスと接続して電源を入れるだけの簡単仕様。基本的にiPhone、Androidスマホ、Macとプラグアンドプレイで音楽を楽しめます。

FiiO Q3
▲iPhoneと接続してAmazon Musicを起動。しっかり24bit / 192kHzで認識されました。

ただしQ3をWindowsパソコンで使う場合は事前にドライバーをインストールし、デバイス管理画面でbit / kHzの確認が必要です。

▶︎FiiO Q3 ドライバー ダウンロードページ

 

Androidの一部機種では「設定」「OTG接続」「オン」にしておく必要があるので要注意です。

FiiO Q3
▲OPPO Reno Aと接続

けも
基本プラグ・アンド・プレイなのは嬉しいポイント!

きらびやかなサウンドと静寂さがポイント

FiiO Q3の音質の第一印象は「きらびやかな高解像サウンド」

FiiO Q3
▲色んなイヤホン・ケーブルで試してみた

やはりスマホ直差しとはサウンドがひと味もふた味も違い、立体感・解像感・静寂さが明らかに向上。

ワイヤレスイヤホンでは聴こえなかった細かなハイハットの刻み・ボーカルの息づかい・グルーヴ感がが感じられ、音楽に没入できました。

バランス出力端子を備えているのでfinal A8000と3.5mmケーブル4.4mmケーブルで聴き比べをしたところ、バランス4.4mmで聴いたときの方がよりきめ細かなサウンドに感じられました(気のせいかもしれませんが…)

とはいえ個人的にA8000はバランス・アンバランスで大きな差が出ないと思っているので、SONYのXBA-300で試聴……A8000よりは差が出やすいかな?と感じました。バランス派の方も満足できるのではないでしょうか。

あと使っていて良かったのが、ボリュームノブですね。

FiiO Q3

ちょうど良~い感じに音量を調整できて便利でした。ボタンを押して音量調整するタイプだと、いきなり大きくなったりしてストレスありますからね。

 

背面パネルには接続用のUSB-Cポートなどを配置。

FiiO Q3

左から

  • バスブースト
  • ハイゲインスイッチ/フィルター切り替え
  • USB-C
  • 充電ON/OFFボタン

バスブーストはその名の通り低音を強めにしてくれます。曲によって・イヤホンによって低音を強くしたい場合に役立ちます。

A8000でロック系の曲を聴くときにオンにすると、繊細かつ迫力あるサウンドになって個人的に面白かったです。

ハイゲインはDAPなどでよくある機能で、出力の必要なイヤホン・ヘッドホンに使ったり、出力によって音色変化があるイヤホン・ヘッドホンに使ったりするときに役立ちます。

final E3000とかは出力で音が変わるので良かったですね。

ちなみにハイゲインボタンは2回押しでPCM再生時にフィルター切り替え可能らしいのですが、試してません。

充電ON/OFFボタンはUSB接続時に本体を充電するかどうか選べるスイッチで、状況に合わせて適宜切り替え可能です。

ちなみに内蔵バッテリーでは連続10時間以上再生可能。なかなか持ちます。

 

再生している音源が48kHz以下だと、電源のインジケーターが青色点灯。

FiiO Q3

 

48kHzより高い場合は黄色で点灯します。

FiiO Q3

 

付属以外のケーブルは使えるかな?とApple公式のLightning-USB-Cケーブルを差したところ、iPhoneと接続できませんでした

FiiO Q3 Lightning USB-C 使えない

ちょっとこの点は気になりますね~。

けも
手のひらサイズのポタアン、なかなか良かった!!
スポンサーリンク

FiiO Q3 レビュー まとめ

本記事は「FiiO Q3」について書きました。

FiiO Q3は、小さい筐体に高音質パーツを詰め込んだポータブルヘッドホンアンプの決定版でした。

良かったのは手軽さ

Bluetoothのようなペアリングが要らず、ケーブルを挿せばすぐにiPhoneでハイレゾが楽しめるのは良かったです。

気になる点を挙げるとしたら、付属以外のLightning-USB-Cケーブル(Apple公式)が使えなかったこと。

まぁ断線してから考えればいいので、とりあえずはこのまま使っていきたいと思ってますが、心配ではありますねぇ。

音質的にはエントリーレベルのDAPかそれ以上は出ているので、ポタアンとして文句なしに素晴らしい製品だと思います。

けも
iPhoneで手軽にハイレゾを楽しむなら、あり!
小さくても高音質!おすすめの有線ポタアン【USB-DAC】

2 COMMENTS

きろ

androidにも対応と書かれてますが、確かAmazon Music HDはandroidでは外付けDACに
未対応の筈なのですが、今回androidのスマホでも聞くことが出来たのでしょうか?
テストした機種はOPPO Reno Aのみでしょうか?
他にも聞くことが出来た機種があれば教えていただけないでしょうか
よろしくお願いいたします。

返信する
けも

コメントありがとうございます!
ご指摘の通りAndroid+外付けDACは公式には対応していませんが、機種によっては認識され使えるようです。テスト機種はReno Aのみです!
Twitterで「fiio q3 xperia」など機種名で調べるのもありかもしれませんm(_ _)m

返信する

きろ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です