Amazon Music HDの魅力

【SHURE RMCE-LTG レビュー】やっぱり有線は違う!お手軽高音質なMMCXリケーブル

RMCE-LTG レビュー

評価:4

けも
この記事は
SHUREのDAC/アンプ内蔵MMCXケーブル「RMCE-LTG」をレビュー。外観や音質について解説していますので参考にしてみて下さいね!

▶︎SHURE AONIC 215の詳細はこちら
【SHURE AONIC 215 レビュー】イヤホン交換もできるMMCX完全ワイヤレス【RMCE-TW1】

Amazon Music HDがスタートし、高音質ストリーミングが流行のきざしを見せています。

iPhone内蔵DACでも24bit/48kHzまで対応してはいますが、やはり音質は平板な印象。

かと言ってポータブルヘッドフォンアンプを持ち出すのは億劫おっくうです。

クーバ

手軽に高音質に楽しめる方法はないかな?
Lightning端子に直接挿す「アンプ内蔵ケーブル」なら音質も満足できるよ!

けも

そんなわけで行き着いたのが、Lightning端子でアンプ内蔵のケーブル、SHUREのRMCE-LTGです。

rmce-ltg

SHURE「RMCE-LTG」は

  • Lightning端子に挿すだけ!
  • MMCXタイプのイヤホンを接続可能
  • 最大24bit/48kHzまで対応
  • 高音質アンプ内蔵で迫力の高音質

充電らずのお手軽高音質ケーブルです。

けも
高音質かつ手軽に聴くための最適解!

というわけで本記事は「【SHURE RMCE-LTG レビュー】やっぱり有線は違う!お手軽高音質なMMCXリケーブル」について書いていきます。

※Android / PC / Macに対応したUSB Type-C版「RMCE-USB」も販売されています。

この記事の著者
けも

ポタオデブロガー

けも

Kemo

プロフィール

ポータブルオーディオポタオデを愛するナマケモノ。
音大での経験をもとに「聴く楽しさ」と「オーディオの楽しさ」を広めるべく日々ブログを更新中。
詳しいプロフィール

RMCE-LTG の外観とスペック

RMCE-LTGの外観とスペックをチェックします。

外観

本体は黒一色のシンプルなデザイン。

rmce-ltg 本体

 

Lightning端子採用のiPhone / iPad /iPod touchと接続できます。

rmce-ltg iPhoneSE

 

3つのボタンを備えたリモコンで各種操作が可能。

rmce-ltg リモコン

主な操作

-ボタン◯ボタン+ボタン
再生1クリック
停止再生中に1クリック
音量アップクリック
音量ダウンクリック
次の曲ダブルクリック
前の曲3回クリック

 

右ケーブルにはマイクがあるので通話も可能ですが、リモコンと一体型でもよかったかもしれません。

rmce-ltg マイク

 

SHURE SEシリーズはもちろん、MMCX端子を採用した様々なイヤホンを接続して音楽を楽しめます。

rmce-ltg shure se215 sony xba-300
▲SHURE SE215(右)、SONYのXBA-300(左)

 

シュア掛け(耳掛け)できるようケーブル先端には芯が入っています。

rmce-ltg 芯 ケーブル

けも
ケーブルの太さも3mmあり、全体的にしっかりしたつくりだよ!

スペック

RMCE-LTGのおもなスペックは以下の通り。

ケーブル長約127cm
重さ約20g
コネクタMMCX
対応ビットレート最大24bit/48kHz

電源はLightning経由でiPhone / iPad / iPod touchから供給されるので、充電は不要です。

RMCE-LTG の装着感と音質

RMCE-LTGの装着感と音質をチェックします。

装着感

装着はいわゆるシュア掛けという、ケーブルを耳にかける方法で行います。

rmce-ltg 装着感

シュア掛けによりタッチノイズが減少し、安定感が増します。

装着感はBluetooth版の「RMCE-BT2」とほぼ同じですね。

けも
自分の耳に合わせてケーブルを曲げられるよ!

音質

次は音質についてレビュー。

イヤホンはSHURE「SE215」とSONY「XBA-300」で試聴を行いました。

rmce-ltg amazon music hd

一聴して感じたのが低音の力強さ左右の分離の良さです。

XBA-300の方は低音から高音までバランスの良いタイプのイヤホンですが、RMCE-LTGで鳴らすと低音がグッと持ち上がり、サウンド全体が引き締まる印象。

ダイナミックレンジも広く、アコースティックギターの響きの余韻が消え入る瞬間までしっかり描き切ります。

rmce-ltg Amazon Music HD
▲サンプリング周波数96kHzや192kHzなどは24bit / 48kHzにダウンコンバートされる

意外だったのが、左右の分離の良さ

楽器を左右に大きく振ってある音源で気付いたのですが、定位がハッキリすることで解像度も上がっていると感じました。

中央にボーカルがあり、左右に広がる楽器の音の位置がハッキリと感じられます。

この分離の良さについて調べてみたところ、Shure本社のショーン・サリバン氏がインタビューの中で以下のように述べていたのを見つけました。

ヘッドホンアンプについては、ダイナミックレンジが広く、ノイズフロアを低く抑えてクロストーク性能にも優れる、トップクラスのICを選び抜きました。
引用元:PHILE WEB「ShureイヤホンをLightning対応に! DAC/アンプ搭載リケーブル「RMCE-LTG」レビュー

この中のクロストーク性能というのが左右の分離の良さのこと。

何となく感じたことでしたが、エビデンスを見つけて納得しました。

RMCE-BT2 との比較

Bluetooth版の「RMCE-BT2」もワイヤレスにしてはかなり音が良いので比べてみましたが、やはり有線の「RMCE-LTG」が圧勝

低音のパワーもさることながら、繊細な表現を余裕で鳴らしている感じがします。

ワイヤレスの利便性を取るか、音質を取るかという選択になりますね。

けも
手軽にハイレゾを楽しむ方法としておすすめ!

RMCE-LTG のレビューまとめ

本記事は「【SHURE RMCE-LTG レビュー】やっぱり有線は違う!お手軽高音質なMMCXリケーブル」について書きました。

SHURE「RMCE-LTG」をざっくりまとめると

良いところ
  • 音が良い(クロストーク少ない)
  • バッテリー不要(プラグアンドプレイ)
  • とにかく手軽(ペアリング不要)
微妙…
  • SHURE掛け前提
  • マイクの位置

SHUREのSEシリーズなどのMMCXタイプのイヤホンを持っていれば重宝するアイテムです。

Amazonレビューを見ると断線したという報告が結構あるので不安でしたが、今のところ問題なく使えてます。(使う時は主に自宅で、iPhoneをテーブルに置いて使用しているからかも?)

けも
iPhoneが高音質な音楽プレーヤーに変身するよ!

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

▶︎SHURE AONIC 215の詳細はこちら
【SHURE AONIC 215 レビュー】イヤホン交換もできるMMCX完全ワイヤレス【RMCE-TW1】 関連記事
RMCE-BT2のレビュー記事はコチラ
【驚嘆】RMCE-BT2の音質は?定番化必至のワイヤレスレシーバーをレビュー!【SHURE】

USB Type-C版はコチラ
Amazon Music HD
CDを超える高音質で音楽が聴き放題!
最大24bit/192kHz
年間契約で更におトク
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です