Amazon Music HDの魅力

【Shanling M6 Pro レビュー】音質アップした新フラッグシップDAPをM6と聴き比べ!

Shanling M6 Pro

けも
この記事は
ShanlingのDAP「M6 Pro」をレビューしています。M6との音質の違いも明らかで、フラッグシップの凄みを実感できるモデルでしたよ!

ハイレゾサブスク「Amazon Music HD」を楽しむためShanlingの「M6」を購入してから約半年…。

クーバ

ニューモデルが出たらしいじゃん?
速いなっ!!しかもProとな!?

けも

「もう新製品かー」とは思いましたが、中位機のM6に対する上位機種に位置し、見た目は似てても中身は別物。

M6も高音質ですが、更に上の世界を楽しめるShanlingシャンリンのDAP「M6 Pro」をレビューします。

Shanling M6 Pro

どんな製品?

  • M6の音質を向上させたフラッグシップDAP
  • 3.5mm / 2.5mmバランス / 4.4mmバランス端子対応
  • Android OSでサブスクも高音質に楽しめる

程よいサイズ感はそのままに、音質アップと若干のデザイン変更を施したShanlingのフラッグシップDAPです。

けも
明らかにわかるレベルで音質アップしてたよ!!

というわけで本記事は「Shanling M6 Pro」について書いていきます。

MEMO
本記事はメーカーより製品をお借りして作成しています
この記事の著者
けも

ポタオデブロガー

けも

Kemo

プロフィール

ポータブルオーディオポタオデを愛するナマケモノ。
音大での経験をもとに「聴く楽しさ」と「オーディオの楽しさ」を広めるべく日々ブログを更新中。
詳しいプロフィール

Shanling M6 Pro のスペックと外観

Shanling M6 Proのスペックと外観について解説します。

スペック

M6 Proのおもなスペックは以下のとおりです。

Shanling M6 Pro

M6 Proのスペック
OSAndroid 7.1
DACAK4497*2
ディスプレイ4.7インチ 720*1280 Sharp IPS HD
対応形式32bit / 768kHz(PCM)
DSD256
対応フォーマットDSF / DFF / ISO / DXD / APE / FLAC / WAV / AIFF / AIF / DTS / MP3 / WMA / AAC / OGG / ALAC / MP2 / M4C / AC3 / M3U / M3U8
USB接続形式USB Type-C
USB-DAC384kHz/32bit(PCM) / 11.2MHz(DSD)
​出力系統3.5mmシングルエンド
2.5mmバランス
4.4mmバランス
Wi-Fi2.4Ghz / 5Ghz
Bluetooth verver.4.2
Bluetoothコーデック送受信:LDAC / SBC
送信のみ:HWA / aptX HD / aptX
CPU8-Core Snapdragon430
RAM4GB
インターフェイスUSB Type-Cポート
内蔵ストレージ32GB
拡張スロットmicroSD*1(512GBまで / 理論上2TBまで可)
バッテリー4000mAh
連続再生時間約13時間(シングルエンド)
約9時間(シングルエンドDUAL DAC)
約8時間(バランス)
急速充電QC3.0
サイズ71mm×17.5mm×133.5mm
重量244g
付属品充電ケーブル / 保護フィルム / クイックスタートガイド / 保証書

外観:高級感あるマット仕上げが◎

M6はツヤのあるブラックでしたがM6 Proはマットガラス背面パネルにより指紋が付きづらく高級感ある仕上がりになっています。

Shanling M6 Pro

 

側面の電源ボタン兼ボリュームノブ。

Shanling M6 Pro

 

反対側にはmicroSDスロット(フタ付き)と各種操作ボタンを備えます。

Shanling M6 Pro

 

USB-Cポートや出力端子もM6を継承した全部入り仕様

Shanling M6 Pro

けも
色んなケーブル対応はありがたい!

Shanling M6 Pro の使用感

Shanling M6 Proの使用感をレビューします。

携帯性:ギリ胸ポケに入る

M6 Proは244gと持ち運ぶには少し重いですが、ケースなしならギリギリ胸ポケットにも入りました

Shanling M6 Pro

けも
ジャケットの内ポケットだともう少し余裕があるね!

操作性:ストレスフリーで発熱も少なめ

ストレージ内の音源は専用プレーヤーアプリで再生可能。

アルバムのジャケ写一覧から選んだりでき、使い勝手は良好。

けも
Androidをオフにしてバッテリー節約できるモードもあるよ!

 

AndroidモードでのSpotify再生画面。

Shanling M6 Pro

サクサク使えました。

 

もちろんAmazon Music HDもフルで楽しめます。

Shanling M6 Pro

けも
排熱がしっかりしてるからか熱くならなかったのも◎

▶︎Amazon Music HDの詳細はこちら
Amazon Music HD 【音質革命】Amazon Music HDの音質や対応DAPをレビュー!【対応機器】

Wi-Fi / Bluetooth

Wi-Fiは自宅の光回線でハイレゾストリーミングを再生可能だったので問題なし。

Bluetoothは完全ワイヤレスイヤホン(ATH-ANC300TW)とネックバンド型レシーバー(Arc ITB05)で電車で検証。

iBassoのDX160の場合、電車が混み合うと途切れ始めたのですが、同じ状況でM6 Proは安定してリスニングできました。

さらに厳しい環境(山手線主要駅構内など)ではテスト出来ませんでしたが、おおおむね良好な接続性能で、ワイヤレスも実用に耐えうると感じました。

バッテリー:8~13時間と必要十分な電池もち

バッテリーはバランス接続で8時間シングルエンドにシングルDACモードなら13時間と、ハイパワーながら平均的な数値をキープ。

けも
ストリーミングしながらだと減りが速いので、事前ダウンロード推奨!

音質:M6と比較してすぐにわかるヌケの良さ

音質アップモデルということでパッケージ含めM6と比較。

Shanling M6 Pro

 

4.4mmバランス3.5mmシングルエンドで色々イヤホンを付け替えて聴き比べてみました。

Shanling M6 Pro

M6も「ダイナミックで解像度高いな~」と非常に満足していたのですが、M6 ProはM6をラクラク越えてきました(笑)。

解像度が高くなったことで定位も良くなり、ボーカルの存在感が際立ち立体感も良好。

ゲインもLOW / HIGHに加えTURBOモードも搭載され、M6では駆動しづらかったイヤホン・ヘッドホンも鳴らしきります。

奥行き感に関しては更に上のグレード(例えばiBassoのDX220など)に劣るものの10万以下の価格でこの表現力とパワーは秀逸

いわゆるヌケが良い・見通しの良い・ダイナミックなサウンドが好きならベストな選択になるでしょう。

▶︎他の機種との比較雑感はこちら

けも
5千~数万円のイヤホンでもハッキリと違いがわかる!

Shanling M6 Pro のレビューまとめ

本記事はShanlingのDAP「M6 Pro」について書きました。

こんな人におすすめ

  • サブスクも手持ちの音源も高音質で楽しみたい
  • 色んなケーブルを使っている
  • 「もっとパワーとヌケの良さが欲しい」M6ユーザー

M6から着実な進化を遂げたM6 Pro。

音質が向上し、見た目の高級感も増したShanlingのフラッグシップモデル(2020年6月現在)です。

色んなケーブルに対応できる反面ちょっと大きめですが、なんとか胸ポケに収まるサイズなので持ち運びもOK。

DAPの最上位機種というとメーカーによっては数十万円レベルも多いなか、10万以下で手に入るお得感も魅力です。

けも
一番いいヤツの満足度の高さは異常!

お読みいただきありがとうございました、けも(@namakemonolog9)でした。

Amazon Music HD
CDを超える高音質で音楽が聴き放題!
最大24bit/192kHz
年間契約で更におトク
公式をチェック  もっと詳しく
Amazon 現金チャージ
Amazonギフトの現金チャージで 1,000円分のポイントがもらえる!
チャージ金額に応じて更にポイント付与
プライム会員なら最大2.5%ポイント還元
公式をチェック  もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です